毎週水曜日更新

topban

SEARCH

イエマガは「世界にひとつの自分らしい家」づくりを応援するWEBマガジンです。

topban

「 外構の手本とDIY」 バックナンバー

広い敷地の外構プラン【外構の手本とDIY 54】

2021.10.06

【執筆者プロフィール】

黒﨑友晴

兵庫県西宮市でガーデンづくりから住まいのリフォームまで設計・施工を手掛ける 「アテックスデザインワークス株式会社」の代表。

大切な住まいだからこそ、住まう人のライフスタイルに合った機能的で快適なプランニングを心がけています。

一級建築施工管理技士
二級造園施工管理技士
フラワーデザイナー

HP http://www.ie-niwa.com

▼ すべて表示する▲ 閉じる

第54回 広い敷地の外構プラン

前回は、「狭い土地の外構プラン」について、できるだけ広く見せる方法やアイデアをご紹介しました。今回は、広い土地をどのように活用すればよいか?予算を抑えるには?等のご質問にお答えします。

広い土地を活かす

■ご質問(1)

広い外構・庭を有効活用する外構プランのコツと失敗しがちなところがあれば教えてください。

■回答

お家のコンセプトに合わせてお金をかけるところはしっかりと良い素材の物を採用し、隣地境界部分やバックヤードは人目につかないので、思い切って一番安い構造物にする。

樹木も安価で手に入るものを何本か購入してパラパラと植えるより、気に入った大き目の樹木を1本だけ植えるほうが家が映えることがあります。失敗しないポイントとしてとりあえず植えるとか、設置するのはNGです。

次に、道路からの動線アプローチ・表札・ポスト・インターホンがどう設置されればスマートか?を考えるというように、計画には順序があります(前回の「外構プランを考える順序」を参照ください)。

安いから…と選ばずに、自分の気に入ったおしゃれな樹木を選びましょう。

安いから…と選ばずに、自分の気に入ったおしゃれな樹木を選びましょう。

■ご質問(2)

空いたスペースができる場合、殺風景にならないようにするにはどうしたらいいですか。

■回答

外構には、空いたスペースも必要な場合があります。もちろん土のままだと雑草が生えますし、ついなにかを設置したり、植樹したくなるものですが、あえてコンクリート土間にしてスッキリさせるという方法もあります。

これはモダンな住まいやミニマムに余計なものをそぎ落としたような建築物には似合います。もちろん、温かみのあるナチュラルなお住まいではボーダーガーデンや自然素材のアイテムが映えるので取り入れるといいですね。

空いたスペースになにも置かず、あえてすっきりさせるとモダンなデザインに仕上がります。

空いたスペースになにも置かず、あえてすっきりさせるとモダンなデザインに仕上がります。

ナチュラルな建物なら植栽や木材を使って演出してください。

ナチュラルな建物なら植栽や木材を使って演出してください。

フォーカルポイントを決める

■ご質問(3)

広い庭なので外構にお金がかかるといわれました。予算を抑えるコツはありますか。

■回答

面積が広いということは周囲を囲むだけでも結構な距離があり、囲障塀に費用がかさみます。市町村で生垣の助成金があったりしますので上手く活用してみるのもオススメです。

当然、家のまわりの地面すべてを、なんらかの素材や植物で埋め尽くすことは費用がかかるので、道路から見たフォーカルポイント・お部屋内の各窓から見たフォーカルポイントを数カ所決定してください。

その部分に樹木を集中させたり、目隠しフェンスを設置したりして、全体の高低差も意識しながらアレンジすると予算をおさえつつ、メリハリのあるお庭づくりができると思います。また、数年かけてつくり込み完成させるという計画を立てるのもいいですね。

土地の面積に合わせて塀の費用は高くなります。

土地の面積に合わせて塀の費用は高くなります。

道路から見えるところ、部屋から見えるところ等、フォーカルポイントを決めてデザインします。

道路から見えるところ、部屋から見えるところ等、フォーカルポイントを決めてデザインします。

■ご質問(4)

広い庭のメンテナンスで大変なこと、必要になる設備等はありますか?

■回答

一番は、雑草処理ですね。芝生面積があると芝生のお手入れ。樹木が多いと何人もの植木職人さんがお手入れに入ります。水やりも大変なので自動潅水システムがあると便利です。広いお庭の設備としてはほかにも、防犯カメラの設置、照明の数も多くなります。

TAG

記事に登録されたタグ

読者アンケート

この記事の感想

※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別

年齢

ニックネーム

外構の手本とDIY一覧に戻る

連載記事

連載一覧を見る

  • 17
  • iemaga2-wp

PAGE TOP