PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 > 外構の手本とDIY

外構の手本とDIY
外構の手本とDIY

黒ア友晴

兵庫県西宮市でガーデンづくりから住まいのリフォームまで設計・施工を手掛ける 「アテックスデザインワークス株式会社」の代表。

大切な住まいだからこそ、住まう人のライフスタイルに合った機能的で快適なプランニングを心がけています。

一級建築施工管理技士
二級造園施工管理技士
フラワーデザイナー

HP http://www.ie-niwa.com

梅雨空のはずが厳しい日差しが…いよいよ今年の夏がやってきましたね。お肌と同じく建物やお庭の草木も疲れるのでメンテナンス忘れないでくださいね。

今回は「サンルームが欲しい!」「ガーデンルームのある家に住みたい!」「もっと知りたいサンルームのこと」というリクエストにお応えします。

どなた様に限らず一度は見たこと、入ったことがある(?)ガーデンアイテム。なにか参考になりそうなお話しをしますね。

サンルームは建築物の一部でガラス屋根や窓で構成される「温室型のお部屋」。ガーデンルームはお庭との動線を結び、お庭の一部として特に後付けで設置する「扉や壁囲いのあるテラス」といったところでしょうか。メーカーによっては「テラス囲い」と呼ぶことも。

日本ではそんなに区別されていませんが、今回はテラスを囲ってつくる「ガーデンルーム」のお話をしたいと思います。

ガーデンルームの原点は主に欧州で流行したコンサバトリーでしょう。素敵な建築物に寄り添うように建てられたとてもおしゃれな空間です。コンサバトリーは家の一部とくっついているというより単独で建築されているガラス張りの「ガゼボ(※1)」というイメージです。

日本では、商業施設などでは多く見られますが、一般住宅では土地の事情、防犯面、メンテナンスのことから新築時の計画は敬遠されがちです。これに代わって日本のメーカーによって現在の「ガーデンルーム」のカテゴリーが確立されたようです。

新築時では「構造や素材が建築基準に制限がある」「防犯上の問題」「雨漏りやお掃除などメンテナンスの問題」などを踏まえたもの、特にリフォーム事業用には、幅広くラインナップがあります。

床の納め方もいろいろあります。ウッドデッキや樹脂デッキで仕上げる方法やタイルやコンクリートで仕上げる方法があります。

ガーデンルームは、あくまでもテラスを屋根・柱・扉・壁で囲った空間ですので、既存外壁との隙間や扉パッキンの隙間から雨水が入ることもあります

完全密閉ではありませんが、床下から隙間風やアリなどの不快害虫が侵入することを避けたい場合は、タイル仕上げ等をおすすめします。

樹脂デッキの場合でも、隙間材という板の隙間をふさぐ部材がありますので設計者に相談してみてください。

ガーデンルームは設置の仕方・使い方次第では年中快適です。一般的には秋冬春がより快適に過ごしやすいと思います。

夏は暑いのですが、日除けカーテン・天窓・網戸を付けることで何とか使えると思います。さらに屋根上にシェードを被覆する(電動シェードもあります)、部屋の容量より大きめの機能のエアコン を付けるなどの対策もあります。

私のおすすめ設置位置は、建物の南面ではなく東面に取付け、その南側を構造物で壁を造ることです。

朝陽はしっかりと吸収し、日中の日差しは一部の天井からのみで、西陽はあたらない理想的な配置です。これに夏対策のグッズを付ければ完璧です。

南向きは、建築士もリビング・ダイニング・キッチンなど建物の配置をしっかりと考えておられるので、そこにバーンとガーデンルームを付けることが一概には 良いとは言えません。

もちろん南側に設置しても良いケースもありますが、南側に設置することで「部屋に日差しが入らなくなった」「ポリカボネート屋根やガラスの汚れが気になる」「観葉植物や家具が日焼けしてすぐに傷む」「暑すぎてペットもいられない」など、残念なことにならないように…。

お部屋にいながらお庭の中にいる雰囲気が感じられる…その中でお食事をしたり、お茶やお酒をいただく。ペットと過ごしたり読書をしたり趣味やアトリエとして…。

花粉や黄砂・公害物質PM2.5などを避けるために洗濯物やお布団を干す。などなど使い方もさまざまです。照明や防雨コンセントも設置しておくと非常に便利です。

そんな空間があった方が良いに決まってる! ところがしっかりと用途・立地・ライフスタイルを考慮して計画を立てないと、本来の使用方法をする事もなく全く利用しない廃墟となるかもしれません。

これから住まいづくりを計画される方、憧れのガーデンルームが本当に必要か、欲しい場合は設置位置、建物や主庭とのバランス、目線などをよく考慮してくださいね。

既存の建物に後付けで計画される方は、用途・設置位置・目線を含めメリットとデメリットを天秤にかけてください。

私は、不規則な雨音で仕事を捗らせくれてる雨の日のガーデンルームも好きです。ガーデンルームのお話はまだまだありますが、今回はこの辺りにしておきます。

スペックやグレードによっては増築をする、自家用車を買うに匹敵するガーデンルーム。慎重に後悔のない設置で欧州セレブのようなガーデンルーム・ライフを満喫してくださいね。

※構造物の位置やサイズにより各自治体・行政の許可が必要な場合がありますので、計画が適正か否かを事前にお調べ下さい。

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2017年6月28日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----