PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム建築用語集 > 猫土台(ねこどだい)

みんなでつくる建築用語集

猫土台(ねこどだい)

基礎の天端と土台の間に隙間を取るために挟む材のこと。猫土台の猫とは飼木(かいぎ)のことを指し、隙間調整や材の固定を容易にするため、材と材の間に配置する材のこと。昔は栗材の小木片などを用いたが最近は樹脂製や金属製のものが用いられる。
猫土台の説明を追加

※この用語(猫土台)にあなたの説明を追加できます。



一覧に戻る
索引
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 A〜Z


ページのトップへ戻る