PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 素敵なお庭をつくりましょう!

素敵なお庭をつくりましょう!
素敵なお庭をつくりましょう!

第61回 今が植え時!夏に咲かせる春植え球根

丁畑仁美

兵庫県西宮市にあるガーデン工事から花の販売まで行う中野農園のガーデンショップ「Orange Berry(オレンジベリー)」の店長。

店内では植物の販売に、庭や玄関に飾るオリジナルの寄せ植えを作成。また、植え方、育て方などの相談に答える。人気のハンギングバスケットの講習会も園内にて開催

・エクステリアプランナー
・造園施工管理技師
・ハンギングバスケットマスター

HP http://orangeberry.net/
http://www.facebook.com/
orangeberry8783

まさに【素敵なお庭をつくりましょう!】のタイトル通り、当店では今年、手づくりでお庭を造るところから始めることになりました。。バラが主役のお庭ですが、相性の良い宿根草や低木、グラウンドカバーなど、参考にしていただけることも多いのではないかと思います。

イエマガ編集者さんのお勧めもあって、これからこのお庭の成長記録を番外編として、折に触れ綴っていきたいと思っています。そして、イエマガ読者のみなさんが、このお庭の成長を見て、楽しんでと、私たちと一緒に分かち合って下されば嬉しいかぎりです。

植えっぱなしOK!の耐寒性球根

しばらく放置状態だった庭が店の奥にあって、ウッドデッキとガーデンルームが以前からあり、それらを生かした良い有効利用はないかと1年ほど模索していたのです。

昨年の秋、バラの庭にしたらどうかという話になり、やっと今年の2月に入って着工。職人さんの手を借りず(予算もないですし…)、細々と専務と私(店長)の2人だけで工事が始まりました。

花壇にするため取り壊した陳列棚の棚板を再利用したり(涙)、使い古しの人工芝を切り貼りしたり(泣)、倉庫の片隅にあったアルミの柱を見つけだしたり(嬉)。専務はビスの打ち過ぎで右肘が腱鞘炎になり、私は塗装職人に転職しようかと思うほどラティスのペンキ塗りも上手に。

素人工事でしたが業務の合い間に作業すること約一カ月半。バラを誘引するためのフェンス・アーチ(高)・アーチ(低)など構造物が3月半ばに完成。傾きかけていたウッドデッキの補修も完了。

放置状態だったガーデンスペース

もともとこの庭に植わっていたマホニアコンフーサ・斑入りのヤブラン・クリスマスローズ(白花)・フィリフェアオーレアなどは一旦掘り上げていたものを配置を考えて植え戻し、焦っていたバラの植え付けも3月中に間に合い、ほっと一安心。できあがった庭を『 Rose Garden TERRACE 』と命名しました。

以前にも花壇の植栽や寄せ植えなどで花の色合わせや色彩計画(カラースキーム)(第57回)のお話をしてきましたが、今回のお庭づくりで一番こだわったのはカラースキームです。

それぞれのメインカラー決めて選んだ、主役となるバラたちを花壇別にご紹介していきます(一緒に植えたそのほかの草花については次回に)。

手前に7年ほど前に植えた【ブルー・ムーン】が良く育っていて、そこから始まる花壇Aはブルー・ムーンと調和させるため、鉢植えのウィーピング仕立てにした【ピンクサマースノー】、【フラウカールドルシュキ】、【ポールノエル】、【ピンクアイスバーグ】、【ピエールドゥロンサール】をチョイス。ピンクのバラで揃えることにしました。

バラ以外の草花は白、紫系を中心に。チューリップは、バラが咲く前の開花なので敢えてピンク系を2カ所に植えました。

花壇Bと入り口の高いアーチには、ピンク系アプリコットカラーのバラ【リバプルエコー】と【ニュードーン】。

低い方のアーチには、モミの木に似合うように赤いバラ【アンクルウォーター】とキュートな【アンジェラ】を。もみの木はこの時期、かわいい新芽が楽しめます。【夢乙女】の小輪ピンクも植えて、ローズピンク系のバラが中心です。

花壇Cには花嫁のブーケにしたいフロリバンダ系の【ブライダルピンク】。さらに白いバラを足して、カラースキームは白になる予定です。

背の高いアーチをくぐって正面の花壇Dは、表通りから目を引く華やかなイエロー・オレンジ系のバラで揃えることにしました。

ゴールドバニー】【ロイヤルサンセット】【サハラ'98】を植えました。ウッドデッキに一番近いクリムソンレッドの【Dr.ヒューイ】は唯一元からここに植えられていたバラです。

このデッキのフェンスと天井に張ったワイヤーに、枝を伝わせるように四隅にバラを植えています。向かって奥の右側が、白いバラ【ホワイトドロシー】奥左側がピンクの【ドロシーパーキンス】、手前の左側が桜色の【ポールズヒマラヤンムスクランブラー】です。

これらはデッキの上の屋根に当たる部分を覆うくらいに伸びてくれる予定なので、ワイヤーの準備は万端です。

バラに合わせて、一緒に植える植物選びも大切ですね。色のコーディネートを考えつつ、通年の開花スケジュールも考慮したいものです。次回は、実際にローズ・ガーデンに植えた植物とその様子、これからの計画についてレポートします。

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2018年5月23日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----