PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームサポーター発口コミ >「暮らしの事情が変わったところ」

イエマガサポーター発口コミ「暮らしの事情が変わったところ」 この記事のトップへ全口コミリストへ

椅子か床か?

約24年前の新築時、両親は今の私と同年代の50代で、足腰の不安は抱えていませんでした。それで食堂では、カーペットの上に食卓を置いて、座布団を敷いて座る「和風スタイル」で、食事をしていました。

しかし、両親が70歳を超えてから足腰の不安を抱えるようになり、テーブルと椅子の「洋風スタイル」に変更することになりました。

6年ほど前に、食堂の流し台と内装をリフォームした際に、テーブルと椅子を買い揃え、それ以降、椅子に座って食事をしています。

両親曰く「椅子に腰掛けるのは楽。床に座るのはもう御免。」確かに、椅子に座って食事する方が楽ですね。50代の私でも、そう思います。

(山形県・モクヨネさん・男性)

LDKにはテーブルと椅子だけでしたが、床に座ってくつろぎたいと言う要望があり、電気カーペットを購入し、コタツテーブルを設置しました。冬限定で考えていましたが、まだそのままです。

(神奈川県・バリアフリーさん・男性)

子ども部屋。息子2人が高校生、中学生になり、自室を持つようにしたが、当初予定した子ども部屋でなく和室を使っている。畳のほうが落ち着くようです。

(宮城県・ぴよちゃんさん・男性)

事情に合わせて
変わったところ/
変えたいところ

 

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


 


2018年8月8日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----