PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム マイホームへようこそ第8回 山小屋をイメージした家

第8回山小屋をイメージした家
トップへ01願望02涼しい家03山小屋04間取り05無塗装の家06予想外07庭づくり
03 山小屋
--とても目を引く外観ですね。見る角度によっても全く違います。

Yさん:個人的にこだわった部分は何といっても軒の深さです。
日本の古民家は、夏の陽射しを部屋の中に入れないために軒が深くとってあります。日本の風土の特徴を考えた造りになっていますよね。
これを取り入れて、なおかつ現代でも違和感のない外観にしたいと考えました。

イメージしたのはスイスのシャレー(山小屋)です。
私たち夫婦が二人とも山が好きということもあって、山小屋で暮らしている感じを出せたらいいなぁ……と。インターネットでスイスのシャレーの写真をたくさん集めて、参考資料にしました。
写真を見るとわかると思いますが、これらの山小屋も日本の古民家同様に軒が深いんです。陽射しよけというより雪よけのためですけれど。

白い壁と茶色い柱、それに深い軒は日本の古民家とも似ているので、それほど周囲からも浮いていないと思います。
本音を言うと、左右の軒(45cm)はもっと深くとりたかったのですが、建築業者から「台風のときあおられるから」と言われて諦めました。でもやっぱり、左右がもうちょっと出ている方が格好良かったなぁ……。



1庭から見たY邸。古民家のように軒を深くとり、夏の陽射しが室内に差し込まないようにしています。2お気に入りのウッドデッキ。ここで朝食をとることも。3玄関ドアは断熱性を考慮しつつ、山小屋のイメージを壊さないものを選択。

ページ公開日:2007年9月27日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----