PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 北欧スウェーデンから、かわいい家のつくり方「もくじ」

道田聖子,北欧,北欧雑貨,北欧インテリア,スウェーデン,Aj! design,アイ!デザイン,自然のなかのやさしいデザインたち,
道田聖子,北欧,北欧雑貨,北欧インテリア,スウェーデン,Aj! design,アイ!デザイン,自然のなかのやさしいデザインたち,

道田 聖子

スウェーデン人のパートナーと住まいとインテリアのデザイン会社「Aj! design(アイ!デザイン)」を経営する。また北欧雑貨店「ロピスラボ」店主であり、エッセイスト。毎年、夏にはスウェーデンのアネヒルのコテージで過ごす。著書に『自然のなかのやさしいデザインたち』『北欧のなつかしいモノ暮らし』(共にインターシフト発行)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スウェーデンの人と結婚して、今年で19年。仕事の関係で、その前からスウェーデンへ行き来をしていたので、スウェーデンとの付き合いは、もうかれこれ20年以上になります。

スウェーデンに家族ができてから、より一層深くスウェーデンを知ることになった訳ですが、とりわけ夏の家アネヒルとの出会いは、私の中でスウェーデンの素敵な思い出のすべて、本当のスウェーデンの素朴で美しい暮らしの豊かさを教えてくれた場所、宝物のような体験です。

スウェーデンのスモーランド地方の森の中にひっそりと佇む小さな家、アネヒルでの暮らしのことについては、きっと1冊の本に書けてしまうほどです! が、今月からしばらく回を分けて、このアネヒルのことについて綴っていきたいと思います。

実は、アネヒルとはこの家と土地の住所です。名前の由来は分かりませんが、彼の両親が30年ほど前に、この家をオークションで購入した際には、もうその名はついていたのです。

家の年齢は、100歳オーバー。元々は大工さんの家族が住んでいたそうです。 購入後、両親は早速自らの手でリノベーションを始めました。

外壁や窓枠を塗ったり、古い天井の壁紙を貼り直したり、キッチンの扉を取り替えたり、、洗面を新しくしたり、玄関スペースを増築したり…日本だったら、それ業者さんに頼まないの?というような内容でも、スウェーデンの人たちは、そのようにして自分たちでDIYすることを、大きな喜びとしているのです。

そして、すべてを新しくしてしまうのではなく、古い家のチャームポイントを存分に活かすように手を入れるのです。

私が結婚した時には、すでにアネヒルの今の姿は完成していましたが、彼の両親のその楽しさや苦労、家の変化する様を、ホームビデオで何度も見せてもらい皆であれこれ言いながら、分かち合ったものでした。

日本に住んでいる私たちは、毎年夏が来ると長い休みを取り、このスウェーデンの田舎にある夏の家『アネヒル』に帰るというのが、毎夏の恒例行事となりました。

今ではこのアネヒルが、私の第2の故郷と言っても過言ではない場所になったのです。(次回へ続く)

 

 

 

 

 

【読者アンケート】

この記事の感想


※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


石村由起子のいつもの暮らし

2017年4月26日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----