PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 > 石村由起子の「いつもの暮らし」

いつもの暮らし 石村由起子
第11回 サンルームのはなし

サンルームというものが私の暮らしに入ってきたのは、今の家を建てた11年前。 玄関を広くとってサンルーム風にした、というのが正しいかもしれません。 日差しがたっぷり入り、窓を全開にすれば、まるで外のような気分…ですが、現実は大きな失敗も。

東向きに全面ガラス窓にした為、夏場は蒸風呂のように暑くて、その部屋に居られない程。やはり南向きがいいのでしょうか…。

でも、私は今の家に住んで、ひとつ思ったことがあるのですが、北側に面したお風呂と洗面所が、いい日差しを浴びてとても気持ちがいいのです。という事は、サンルームはガラスで囲むのですから、もしかすると、北向きのサンルーム、というのも案外気持ちがいいのかもしれません。

夏の暑さはともかく、サンルームでの居心地がとても良かったので、家を建てて数年後に、リビングの奥のデッキ部分に屋根と壁を付け、サンルームを追加しました。 一番気持ちのいい部屋でとても気に入っています。その部屋ではさまざまな事をしています。例えば干し野菜。毎週届けてもらっている地元の野菜は、すぐには使い切れない事もよくあります。そんな時はとりあえず、使い易い大きさに切りそろえ、大きなザルに並べてサンルームへ…。


太陽の光を浴びた野菜は、水分が抜けてうまみが凝縮され、驚く程美味しくなっているという訳です。干した野菜たちはしばらく出番を待ち、使う前の日に水につけて戻せば、蒸したり炒めたり、煮物にしたり、いろんな料理に重宝します。

また、長年楽しんでいる果実酒作りもここでする事が多いです。というのも、漬ける実や花をきれいに洗って完全に乾かす、という果実酒を漬けるのにとても大切な作業に、サンルームは最適なスペースなのです。雨も気にせず、そこに広げておけばいいのですから。

他にも、気に入った椅子を、程よく日の当たる場所に動かして本を読んだり、友人を招いてゆっくり食事の時間を楽しんだり、時には沢山の資料を大きなテーブルいっぱいに広げ、仕事に没頭する事も…。
窓越しに降りそそぐ太陽の恵みを感じながら過ごせるサンルームは本当に心地よく、時間さえ許せば、いつまでもそこに居たい、大好きな場所なのです。




全国からたくさんの人が訪れるカフェ「くるみの木」。その主宰である石村由起子さんの、時、自然を大切にした暮らし、心地の良い空間のつくりかたについてのダイアリーです。普段、わたしたちが気にとめないことに目を向ける石村由起子さんの感性と生活の工夫をお伝えしていきます。
vol.10 くるみの木 vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5 vol.6 vol.7 vol.8 vol.9 vol.10 石村由起子さんの新刊本「私は夢中で夢をみた」

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


北欧から、かわいい家のつくり方

ページ公開日:2009年11月11日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----