PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム間取り こだわりママの家づくりノート「もくじ」

暮らしてわかったダイニングの失敗

これまで、わが家の無垢材フローリングについて詳しく触れたことがありませんでした。ちょうど、読者さんから

「無垢材の採用を検討中です。現在の状態や色の変化などを教えてください」

というご質問をいただきましたので、こだわって選んだ無垢材と経年変化の現状について、詳しくご説明したいと思います♪

内装を決める段階で、床材はグレードによる節がなく木目も目立たない「サクラ材」がいいと、ほぼ決定していました。でも、いろいろと調べていくうちに「経年変化で黄色くなっていく」という口コミが気になり始めたのです。

工務店の営業さんからは「サクラ材にはたくさんの種類があるので、実物を見て決めた方がいいですよ」というアドバイスがあり、工務店に常設されている木材ショールームに行ってみることにしました。

こちらが、サクラ材の1つである「山桜」。なるほど…気になるほどではないのですが、噂どおり黄色っぽい気がします。

ショールームには、他にも様々な種類のサクラ材がありました。下の写真の右側が、3年経過の「樺桜」です。流通上ではサクラ材と呼ばれているそうですが、樹種としては樺(バーチ)になります。左側は、同じく樺の一種の「水目桜」。

〇〇桜と名の付くものでも、「樺(バーチ)等で流通している木の、芯に近い赤身部分を選別したもの」という説明書きが貼られているものが多くありました。

樺桜と水目桜は、山桜とは微妙に色合いが違い、ピンクがかっています。

ショールームの木材担当の方に教えていただきましたが、無垢材の中には経年変化で黄色くなっていくものと、赤くなっていくものがあるそうです。

実物を見に来てよかった…。好みによると思いますが、やはり私自身は黄色くなるタイプより、この少し赤みをおびたタイプの方が好きなようです。こんな風に味わい深く色合いが変化していくなら、時が経つのも待ち遠しくなりますね。わが家の床材は、赤みの風合いが一番ナチュラルだと感じた「樺桜」に決定です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無垢材が決まったところで、仕上げ材についてどうするかも決めなればいけません。工務店の標準仕様は蜜蝋ワックス仕上げですが、わが家はオイル仕上げにしたいと、以前から相談していました。

ところが「蜜蝋なら塗装が簡単ですが、オイルは専門の塗装屋さんにお願いするので高くなる」そうなのです。この時点では、なるべく保護力の高いオイル仕上げにしたい…と思いつめていた私は、フローリングのグレードが下がってもいいことを伝えました。

すると同じ樺桜でも、木と木の継ぎ目の長さが不揃いな「乱尺」を薦められたのです。実物の乱尺材を見て検討した結果、こちらを採用することに。どのような仕上がりになったのかは、後ほど写真でご紹介します♪ (ちなみに塗装は、たび重なる減額調整の末、結局蜜蝋ワックスになりました…)

ここまでが、素材・張り方・仕上げ材を選ぶまでの過程でした。 そして、現在(新築から約5年後)のフローリングの様子は…?

はい、こちらが現在のわが家です。新築時(下の写真)と比べてみると、少しずつですが、自然な赤みが増したような色になってきました。乱尺貼りの特徴である"継ぎ目の不揃いさ"についても、まったく気になりません!

 

 

 

 

 

 

1階の経年変化はこの程度ですが、日当たりの良い2階は、さらに強く赤みが出てきました。階段ホール前(写真右)は、こんな色に。

それよりも天窓の影響を受けているのが、階段の踊り場です。わが家で一番、木材の色味が変わったカ所です。

天窓ほどではないですが、日差しの強い南向きの窓に面した2階の子ども部屋の床も、1階より赤みが強く出てきているように思います。これで、

樺桜の経年変化 = 赤くなる

という想定どおりの変化を確認できました。

無垢材は傷が付きやすく、メンテナンスが大変だと思うこともあります。とはいえ100%完璧にやろうとしなければ、そこまで大変ではないような…要は「経年変化も傷も、すべて味わい」と割り切れるかどうかが、その人に無垢材が合うかどうかの分かれ目な気がします。

私としては、お手入れをする度に深い艶と色合いが生まれる無垢材が大好きで、選んで良かったと思っています。ふと床を見て「きれいだな〜」と思える幸せ…何年たってもこんな気持ちを味わえると思うと、とてもうれしいのです♪

また、夏に素足で無垢床を歩く足触りの良さというのも、一度経験すると、やみつきになりますよ。ということで、個人的にはとてもおススメの無垢材フローリングのご紹介でした♪

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2018年7月18日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----