PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム構造・建材 >室内扉と床材のコーディネートプラン

イエマガ×DAIKEN(大建工業株式会社)
室内扉と床材のコーディネートプラン

一度取り付けたらなかなか変えることのない扉と床はインテリアコーディネートにとって、重要なポイントです。どんなインテリアにするか決めていない…という方に、室内扉と床材のカラーコーディネート見本と、さまざまな便利な機能を持った建材をご紹介します。あなたの好きなイメージに合うものを選んでイメージを膨らませてみてください。もくじ
扉×床のカラースタイル見本
機能から選ぶ扉・床材
・ゆっくりと閉まる扉
・大空間をおしゃれに間仕切り
・傷つきにくい銘木の床材
・愛犬の健康を考えた床材
家づくり便利ノート「内装建材コーディネート編」も活用ください。

扉×床のカラースタイル見本

あなたの求める「居心地の良さ」を表現できるスタイルはこの中から選ぶとどれですか?ここでは扉と床材のカラーを変えるとどのようにイメージが変わってくるか、色を統一したシンプルなデザインから、意匠性の高い個性を持ったデザインまで、代表的なコーディネート例をご紹介します。

『White+White=Modern』
ホワイト
壁、床、家具を白で統一した人気のプラン。ポイントは床材。パールをちりばめた「ホワイトオニキス」柄のデザインは、光の加減で表情を変え、華やかな印象に。水掛かりや傷にも強くワックスフリーです。

白×白のコーディネート

白を基調としたミニマル・モダンと呼ばれるコーディネートです。シンプルですっきりとした印象を与えるので、女性に人気です。
この組み合わせは、明るく清潔感があることから、システムキッチンまわりのインテリアで広く好まれてきました。現在では、このスタイルはダイニング、リビングへと広がりを見せています。

家具や小物をおしゃれに見せてくれて、またお家の中のグリーンとも相性がよく爽やかな空間がつくれる組み合わせです。


ナチュラル×白のコーディネート

白を基調としたシンプルさの中に、木の温かみを加えたソフトカントリースタイルです。ダイニングやリビングをおしゃれなカフェのような雰囲気にしたい人や、子供部屋などにも好まれるスタイルです。   壁や天井・扉などで、白を全体の背景色として多く用いることで、床材や家具のナチュラルな質感が引き立ちます。家事や勉強など作業をする空間に、清潔感と癒しをバランスよく表現することができます。

『White+Brown=Soft Country』
ナチュラルブラウン×ホワイト
上品で優しいホワイトの扉と収納扉に、チェスナット(栗の木)を使った床材でナチュラルな雰囲気を演出しています。居心地のいい空間づくりには、床材の色と質感が大切な要素です。

ダークブラウン×ダークブラウンのコーディネート

「古木」のような濃い茶色の木材が、インテリアに深みを与え、また白などの淡い色の建材と組み合わせることで、スタイリッシュさも表現できるコーディネートです。「くつろぎ」や「落ち着き」を感じられる和風テイストが演出できるので、5年ぐらい前からリビングや寝室で人気のスタイルです。   このようなダークブラウンは、他の色と合わせやすく、メインカラーで用いると家具や飾るものの色を選びませんが、ブラウン系の濃淡、もしくはホワイト系でまとめ、すっきりとものを少なめにすると上質なモダンな雰囲気が際立ちます。

『Dark Brown+Dark Brown=Japanease Modern』
赤みの強いダークブラウン×黒に近いダークブラウン
障子、室内ドア、壁の格子模様を和のアクセントに、深みのあるダークブラウンでつくるくつろぎのスペース。ブラウンの濃淡で魅せるコーディネートなら、シックなインテリアが演出できます。

ブラウン×ブラウンのコーディネート

床とドアを同系統のブラウン色で上品にまとめて、家具やグリーンを引き立てるナチュラルモダンスタイルは、洗練された空間を演出できます。ブラウンの微妙な色合いや木目柄の違いによって、ナチュラルな印象、北欧風、トラッド風と様々に表情を変えることができます。   また、異素材を組み合わせるスタイルも最近人気で、木目の模様の違うもの、質感の違うもの、それぞれ配色や配置で遊びごころを表現する人が増えてきています(写真下)。飽きのこないデザイン(ナチュラルモダン)から意匠性の高いデザイン(シックモダン)まで幅広いコーディネートができる組み合わせです。

『Brown+Brown=Nutural Modern』
ブラウン(ディープブラウン)
洗練されたデザイン扉と優しい木目が自然の優しさを表現してくれます。木目の親子ドアは存在感があり、素材の持つナチュラル感を演出するためのポイントになってくれます。
『Brown+Brown=Chic Modern』
濃いゼブラ調ブラウン×淡いナチュラルブラウン
すべてダークブラウンにすると落ち着いた雰囲気になりますが、床材をライトブラウンにすれば、このように明るいイメージをプラスし、クローゼット・室内扉の意匠性を引き立ててくれます。

PROMOTION
DAIKEN・大建工業株式会社のホームページはこちら DAIKENインテリアコーディネートのホームページはこちら

  ページ 1 / 2  
次のページ→

ページ公開日:2009年6月3日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----