PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム設備 リラクゼーションバスルーム

わが家のリゾート リラクゼーションバスルーム

開放感を出すために 実際の広さ以上に広く感じさせる工夫



写真上/洗面室と浴室をガラスで仕切り、壁に同じタイルを使用してつながりを。  写真下/視線の先には入浴後もゆったりとくつろるバスコートが。
「視界に抜け」をつくる 「視界に抜け」をつくる

壁の一部をガラスにする、開口部を設ける、など視線の先に抜けをつくることで開放感がうまれます。

大開口

ガラスで仕切って一体感を演出する、バスコートとつなぐ、坪庭を設けるなど外部空間とつなげて視線が外に延びると、浴室はぐんと広く感じられます。

上を開く

横に視界の抜けをつくるのが難しい場合、上を開いてみては。天井にトップライトを設ければ、開放感に加え、採光も得られて浴室が乾きやすいメリットも。また、横を開く場合と違ってプライバシーも確保しやすくなります。

スリーインワンに

バスルーム、洗面室、トイレと仕切ってしまうとそれぞれがとても狭くなってしまう場所こそ、「大きな一つの空間」にまとめることでゆったりしたスペースを確保できます。

ガラスを使用

バスルーム、洗面室、トイレの間仕切りをガラスにすれば、スリーインワンのような空間に。全体をガラスにするのに抵抗がある場合は、一部をガラスにするだけでも開放感が出ます。

洗面所と一体に見せる

バスルームと洗面室に同じタイルを使用して視覚的につなげて一体に見せると広がりを演出できます。

鏡を有効活用する

壁の一面に端から端まで腰板程度の高さの鏡を貼ると、鏡の効果で広く見せることができます。

必要でないものは省く

立ってシャワーを浴びることが多い方なら、上の写真のようにカウンターをなくすと、洗い場がスッキリします。

 

ページ 2 / 3
リラクゼーションバスルーム 3 →

ページ公開日:2008年6月18日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----