PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 北欧スウェーデンから、かわいい家のつくり方「もくじ」

道田聖子,北欧,北欧雑貨,北欧インテリア,スウェーデン,Aj! design,アイ!デザイン,自然のなかのやさしいデザインたち,
道田聖子,北欧,北欧雑貨,北欧インテリア,スウェーデン,Aj! design,アイ!デザイン,自然のなかのやさしいデザインたち,

道田 聖子

スウェーデン人のパートナーと住まいとインテリアのデザイン会社「Aj! design(アイ!デザイン)」を経営する。また北欧雑貨店「ロピスラボ」店主であり、エッセイスト。毎年、夏にはスウェーデンのアネヒルのコテージで過ごす。著書に『自然のなかのやさしいデザインたち』『北欧のなつかしいモノ暮らし』(共にインターシフト発行)。

 

 

 

 

 

 

 

 

その昔、一般のスウェーデン人の人たちが初めてサマーハウスを持ち始めた1950年代頃、サマーハウスは今よりもっと素朴なものでした。

夫のおじいちゃんは地元の鉄鋼所で働く職人でした。
彼がサマーハウスを持つことになった経緯は、会社が所有の森の中の土地を『貸し出すので、あとはご自由に』と、従業員に割り当てられたことでした。その時、おじいちゃんは湖のほとりの土地を選びました。しかし、ひとつ問題が…。

森が深すぎてそこへたどり着く道がなかったのです!
別荘地でもない北欧の深い森の一部、もちろん、電気も水も通っていません。湖の向こう岸からボートで向うのが唯一の手段でした。

おじいちゃんの小屋作りは、小さなボートで部材を運ぶことから始まりました。木材、窓、レンガ….休みの日を利用して少しずつ運び、それをすべて自らの手で組み建てていったのです。なんという大変な、そして夢のある話でしょう!

夫が子供の頃には、おじいちゃんの夏の小屋はすでに立派に完成していましたが、この小屋作りのストーリーを何度も聞かされてワクワクしたそうです。

幼い頃夏休みになると、おじいちゃんやおばあちゃん、家族総出で数週間分の食料や水、生活道具をぎっしり小さなボートに詰めて、途中沈みそうになりながら!?夏の小屋に湖を渡り向う、その夏の冒険のような休暇は、スウェーデンの古き良き時代の思い出として、いつまでも心に刻まれているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【読者アンケート】

この記事の感想


※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


石村由起子のいつもの暮らし

2015年12月2日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----