PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 マイホームへようこそ > 第19回 様々なテイストで施主のセンスを表現する家

マイホームへようこそ/自分に似合う「世界にひとつの家」ができるまでのおはなし
バックナンバー
第19回 レトロ×北欧で施主のセンスを表現する家デザインのテーマは・・・?

イエマガ(以下イ):今日は、部屋ごとにテーマのある家を建てられたというNさんのお宅のおはなしです。

伺う前のメールに、『とにかく神経が擦り減る程、毎日家のことばかりを考えて過ごす毎日でした』と書かれていました(笑)。家に入る前の玄関前の外構部分、外観から、すでになるほど!凝ってる!と納得です。

奥さま(Rさん):ありがとうございます(笑)。ほんとにたくさん調べていろんなことをオーダーした家です。ダウンライトや窓の配置など他の方があまり気にしないようなところまで・・・。

イ:とても大変そう(笑)。そのあたりをじっくりお聞きしたいと思います。

Rさん:はい。とっても失礼なんですが「ハウスメーカーらしくない家にして欲しい」と最初にお願いしたんです(笑)。
それから営業さん、設計士さん、インテリアコーディネーターさん(以下ICさんと)、本当にたくさん打合せをして、一緒に考えてもらいました。

ミッドセンチュリーと和風旅館

イ:施主支給もたくさんされたという、このリビング・ダイニングのインテリアのテーマから教えてください。

Rさん:小上がり座敷も含めたリビング・ダイニングは、レトロとミッドセンチュリー、そして和風というバラバラなテイストをいかにまとめるか、が最終的なテーマになったような…。

イ:難しそうですね(笑)。もともとミッドセンチュリーやレトロなデザインがお好きだったんですか?

Rさん:ええ、もともと50年代にデザインされた家具や、この年代ならではのポップな雰囲気も好きでしたし、また昭和の日本家屋にあったような懐かしいものも好きで…そういったテイストを取り入れた「自分達に合う家」をつくりたいな、と。

イ:だから「ハウスメーカーらしくない家」というお願いになったんですね。

Rさん:そうですね。実際に私が選んだ玄関ドアや建具、クロスなど、滅多に採用されないものが多かったみたいです(笑)。

イ:リビング・ダイニングで一番目を引く、畳コーナーはどんなイメージだったんですか?

25畳のLDK。濃茶をメインにレトロな和風でまとめられています。 こだわりのダウンライトの配置は、キッチンからリビングまできれいな弧を描いています。

Rさん:実は最初、どんな家がいいかな?と主人と考えたときの共通意見は、ズバリ「和風旅館」だったんです。墨黒の世界というか、ほっと寛げて、暮らしていくうちにどんどん味が出てくる感じの。でもいろいろ考えていくうちに様々なテイストが入ってきてしまって、結局そのコンセプトは畳コーナーのみになってしまいました(笑)。

イ:全体的にすごくなじんでますね。建具に味があります。

Rさん:建築中まで、和室の建具は全て墨黒に塗装してもらうようになっていたんです。でも、やっぱり合わないような気がしてきて、そしたらもう気になって気になって…(笑)。

結局、設計士さんに無理を言って土壇場で変えてもらいました。最終的に今の濃茶にしてもらったんですが、変えてもらって良かったです。
あと建具でこだわった部分は、最初から「欄間」を付けたい付けたいと駄々をこねてまして(笑)。しかも宮大工さんが作った鳥なんかのモチーフが施されたものが良くって、でももちろんハウスメーカーさんは取り扱っていないので、随分とインターネットなどで探しましたね。

イ:建材を探して、色を決めて塗ってもらうってすごいですね(笑)。なにか建築、インテリア関係のお仕事に就かれている・・・という訳ではなく?

Rさん:ないです(笑)。ひとつひとつ自分の好きなものを探して、ICさんに提出して、意見をもらったりいろいろ教えてもらったり…ものすごく勉強になりましたし、この家は本当に人に恵まれたからこそできたんだなって思います。

イ:それにしても、自分で建材を探されるとは。なにをどのように見つけられたのか教えてください。(建材・素材探しのお話へ)

デザインのテーマは・・・?造作建具と集めた素材間取り、便利なアイデア収納完成までの道のりこの記事のTOPへ写真上から。テレビの後ろのリビングの壁には和風になじむアンティークレンガのタイルを。/玄関入ってすぐのリビングドア。フローラガラスで明かり取りにもなるドアを造作で注文。/畳のコーナーは、和風旅館のイメージになるような建具やインテリアを吟味されたそう。
左はキッチン。右は畳コーナー。キッチンカウンターには、リビングのアンティークレンガのタイルと同じものを貼っている。家具のないすっきりとしたダイニングはミッドセンチュリーの椅子がアクセントに。写真右:寝室はイメージを変えて、アジアンテイストに。ライトや壁の飾りも奥さまが探して見つけてきたもの。 写真下左:キッチン横のパントリーは、明るい北欧のイメージに。 写真下中・右:お子さまの部屋は、明るめの床材に白基調とした北欧風に。アクセントに男の子のスペースには青い壁紙を女の子のスペースにはピンクの壁紙を採用。
  次ページへ

2011年10月26日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----