PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 > 石村由起子の「いつもの暮らし」

いつもの暮らし 石村由起子
第4回 旅も生活の一部なのです

月に三、四回はどこかに旅しています。
こう書くと、「すごいですね、結構時間があるんですね」と思われるかもしれませんが、いえいえ、そうではありません。私の旅は日々の生活や仕事の途中に起こることがほとんどなのです。 いつも忙しく過ごしている私にとっては、地元・奈良の山に車を走らせて花を摘みにいくことも小さな旅になり、もちろん仕事で訪れる場所も旅になります。

例えば、車で移動している時にふと目を奪われた海…たとえ時間が10分しかなくても、迷わず砂浜へ向かいます。 車を降りて広い海を眺めながら深呼吸。
そして、砂浜を歩き拾い集めていく海の宝石シーグラス。こんななんでもないたった10分ですが、海のない土地に住む私の日々の暮らしには決してない、夢のような時間になるのです。
こんな時間も、私にとっては大切な旅です。

また、今年2月に仕事で訪れた山陰では、朝5時に起きて仕事の前に漁港へ足を運びました。とれたばかりの魚が入った箱がズラリと並んだ光景や、冬の早朝、まだ暗い中で沢山の人が働いている姿…そしてその場で食べた屋台のうどん(寒いからこそ、一杯の熱いうどんの美味しかったこと…)。いつも食べている魚が店頭に並ぶ迄の、海で働く方達の御苦労も垣間見え、魚への思いもひとしおです。

一日の仕事を終えると、夜は漁港の町ならではのおもてなしをして下さいました。その日とれた新鮮な魚をさばいてくれたものが食卓いっぱいに…それも大盛りです。大雑把でいてあたたかな、心のこもったおもてなしに、嬉しい気持ちでいっぱいになるのです。
そしてこんな気持ちを持ち帰り、日々の暮らしや仕事にあてはめてみる・・・旅の時間はこうして日常の生活に繋がっていきます。

私にとって旅と生活は、決してかけ離れたものではないのです。



全国からたくさんの人が訪れるカフェ「くるみの木」。その主宰である石村由起子さんの、時、自然を大切にした暮らし、心地の良い空間のつくりかたについてのダイアリーです。普段、わたしたちが気にとめないことに目を向ける石村由起子さんの感性と生活の工夫をお伝えしていきます。
vol.10 くるみの木 vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5 vol.6 vol.7 vol.8 vol.9 vol.10 石村由起子さんの新刊本「私は夢中で夢をみた」

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


北欧から、かわいい家のつくり方

ページ公開日:2009年3月4日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----