PromotionHome雉驥題ィ育判蝨溷慍謗「縺讌ュ閠驕ク縺ウ讒矩繝サ蟒コ譚險ュ蛯髢灘叙繧繧、繝ウ繝繝ェ繧「繝サ蜿守エ繧ィ繧ッ繧ケ繝繝ェ繧「繝サ蠎ュ譖エ譁ー螻・豁エ

髢峨§繧

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ

譖ク譁弱サ螳カ莠句ョ、

螟門」√サ螻区ケ

蟄舌←繧るΚ螻

豢鈴擇螳、繝サ繝医う繝ャ繝サ繝舌せ

蟇晏ョ、

繝吶Λ繝ウ繝繝舌Ν繧ウ繝九シ

邇髢「繝サ繧「繝励Ο繝シ繝

繝ェ繝薙Φ繧ー

辣ァ譏

髫取ョオ

阮ェ繧ケ繝医シ繝厄シ域囑謌ソシ

繝繧、繝九Φ繧ー

繧ュ繝繝√Φシ医ヱ繝ウ繝医Μ繝シシ

繧ャ繝ャ繝シ繧クシ医き繝シ繧ケ繝壹シ繧ケシ

ホーム業者選び サポーター発口コミ 建築業者とのやりとりのコツ

この記事のTOPへ戻る

イメージを正確に伝える

こちらのポリシー、嗜好を十分理解して貰うこと。そして筋を等して、ころころ意見を変えないこと。判断は迅速かつ的確に。
後からの仕様変更は皆無でした。 そうするために具体的な家の写真や文献は役立つと思います。

(三重県・solobluさん・女性)

メールや電話では伝わりきれないことも、実物を見ながら話をすると、行き違いが少なくなると思います。

(宮城県・ぴよちゃんさん・男性)

途中から自作の建築模型や、3次元CAD図で説明すると、話が進んだ。また、時間があったので、ハンズで買ってきた材料を使って、50分の1の模型を作ったが、いろんな場面で役立ち、大正解でした。

(東京都・ピノキオさん・男性)

なるべくカタログを見せて施工例や施工してるところの写真を見せたり、実際に一緒に見に行ったりしました。

(福岡県・しずちゃんさん・女性)

設計事務所の方と初めて会う打ち合わせで、今の家具や部屋の状況、こだわりたいことなどを書いたプレゼンテーションのようなファイルを見せてイメージをお伝えした覚えがあります。

(岐阜県・ようちん0207さん・女性)

口頭でなく、イメージ図とか参考写真で伝えること。現場監督にも直接伝えたい。でも結局、伝えきれないのが現実だと痛感しました。

(東京都・耀穂さん・男性)

…大変だったことの内容は?

…体験してわかった
  うまくつきあうコツ
…楽しかったことは?
 

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2012年10月10日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----