PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 失敗しない収納プラン「もくじ」>第4回 「引っ越してすぐ片付くか?」

物・間取り・動線から考える 失敗しない収納プラン
収納がたっぷりある家、散らからない家で暮らしたいと希望する人にとって、新築・リフォームはこの夢を実現する大きなチャンスです。あなたの家にとってどれぐらいのスペースが必要か、どこに配置すると片付けがしやすい間取りになるのか。最適なプランづくりを収納のプロ、「収納プランナー」の先生と一緒に考えていきたいと思います。
第4回 引っ越してすぐ片付くか
「ライフスタイル」とは?

引っ越し後に何年間も開いていない段ボール箱が、いくつもそのままになっている家をよくお見かけすることがあります。どうして、このような状態になっているのでしょうか。

本来なら間取りを考えるときに、どこに何を入れるかゾーニングと収納計画ができていれば、引っ越しと同時に迷うことなくその場所に荷物を運びこみ、片付けることができます。

しかし、しっかりとした収納計画なしで間取りを考えていると、引っ越し後、適当に入れたり、取りあえずしまい込んだりしてしまうのです。

持ち物リストを見ながら、おおまかなゾーニングを行います。1:フロア分け

まず、家の物や個人の物を大まかにどこに収納するか間取りの中で考える「ゾーニング」をして、引っ越し後もスムーズに片付けが行えるようにしましょう。

戸建の場合、フロアごとになにを置くか考えていきます。1階には1階で使用する物、2階には2階で使用する物、3階には3階で使用する物にそれぞれ物を分けて考えます。

今までマンション暮らしをしている方は、2階建て、3階建てになると家事動線が縦型になり、生活しづらく片付かないとご相談に来られる方がいます。収納場所によって家事動線が決まってくるのでこのゾーニングは大事になります。

第2回目でご説明した、家にあるものすべてを書き出したリストを活用して、フロアごとに分類しましょう。

たとえば、1階に納戸を造って、家中の物をそこに集結させてしまう間取りもありますが、使用するときは階段を下りて取りに行くのですが、使用後戻すことが面倒になり、結果出しっぱなしになるケースが多いのです。

なるべく階段を上り下りせずに、物を出し入れできるように収納計画を立てていくようにしましょう。それには、使用する場所の近くに収納場所を造ることで出しっぱなしを防ぐことができます。

2:各フロアごとに

さらにゾーニング計画を進めていきましょう。なにをどのフロアに置くかが決まったら、次は1階、2階とそれぞれ計画をたてます。基本は使用する場所の近くに物を収納することです。その場所に入らなかった物があれば、なるべく近くに収納するよう考えます。

例:1階に置く物リスト 靴、スリッパ、傘、遊び道具、レジャー用品、スポーツ用品、かばん、 よく着るコート類、 掃除用品、生活用品のストック、雑貨、消耗品、 食器類、食材のストック、調理器具、リネン類、ペットのごはん、 文具類、AV関連、非常用品、ペットトイレ用品、タオル、重要な書類、 仕事の書類、趣味の道具・材料、パソコン、パソコン周辺機器一式…

例えば1階の玄関には靴・スリッパ・傘・外で使用する子どもの遊び道具・レジャー用品・スポーツ用品などや、人によってはハンカチやコート類を収納することもあります。シューズクロークの場所がとれる場合はここで挙げた物は収納できると思います(物の数や多さによって、シューズクロークの大きさは決まってきます)。

もしも、玄関に靴箱しか設けるスペースしかない場合、収納の詳細を考える場面で玄関に近い廊下にレジャー用品やスポーツ用品を収納できるスペースを造る必要がでてきます。

3:ゾーニングが難しい物

思い出の品や季節用品などをどこに収納するかも考えなくてはいけません。和室がある場合は、押入に収納する場合も多いのですが、押入がない場合は、どこかの場所に年に数回しか使用しない家の物を収納する場所を設ける必要があります。

また、個人の物の収納は各部屋に置くように計画を立てて下さい。個人の物は服やバッグ・趣味の物などがありますが、忘れやすいのは季節外の布団を収納する場所です。必ず持っている物なのですが、以外に収納場所を考えることがなく、建てた後に気づく方が多いのです。

どこか空いたスペースに押し込めることのないように、 ゾーニングで置き場所を決めておきましょう。

ゾーニングは、間取りを設計する際にとても大切ですし、引っ越し後に荷物がいつまでも片付かないのは、最初に行う収納計画が行われていない結果です。しっかりとした収納計画を立て、片付けやすい間取りを考えることで日々の生活が楽になります。

平岡 さなえ さん

広島県生まれ。2006年6月「Sanae's Design株式会社」設立。片付かないと悩む各家庭に出向き「収納アシストサービス」を行う。また、整理収納だけにとどまらず住空間プロデュース、住宅メーカーの収納計画提案研修、講演会なども手がける。2009年6月「一般社団法人日本収納プランナー協会」を設立し、現在、住空間収納プランナーの育成に力を入れている。
著書『間取りでわかる“収納診断”』(主婦の友社発行)『さなえの30秒整理収納術Q&A』(セルバ出版 )。

この連載のバックナンバー
この連載では、持ち物の確認、ライフスタイルの見直しなど収納プランを立てる前に行うことと、実際にスペースごとにプランを立てて、動線や収納量の最終チェックまで行うプラニング方法を解説していきます。
イエマガサポーターに聞きました。家の中で散らかりやすいもの、収納が足りていないというものはありますか?

本。ウォークインクロゼットと別に本収納部屋を作るべきだったかな。
シアタールームがあるために、DVDが場所をとりすぎてもうすぐ本が本棚からあふれ出してしまいそうです。

(福岡県・しずちゃんさん・女性)

本!本が好きでもともと多かったが、最近は子どものコミックがそれに加わり、リビングには常に本が転がっている。

(千葉県 kazuさん・男性)

散らかりやすいものは子供の使うもの。部屋まで持っていくのが面倒なようでリビングやキッチンに散らかる。

(岩手県・Mママさん・女性)

家の中で散乱しているわけではないのですが、新聞や雑誌を捨てる大きな紙袋を置くスペースを考えていなかったので、デスクの足下のスペースが犠牲になっています。

あとは、リビングに家族が集まるように考えて、壁面収納で普段使うものを収納できるようにしたのですが、子供のおもちゃ類はがさばるものが多く、もう少し大きく作っておけば良かったと思っています。

(埼玉県・ぱーぼーさん・男性)

家の中で散らかりやすいものは、子どもの勉強道具や本。子ども部屋を作ってあるが、寂しがっていつもリビングにいるため、子どものものが散らかって困っている。

収納が足りないのは、庭や屋外で使うもの。具体的にはガーデニング用品や子どもの遊び道具、ベビーカーなど。それらを収納するため庭に物置を設置したが、小さくて物が入りきらない。

また、物置は家の外観に合わせた色調のものを買ったが、どうにも野暮ったく感じる。スペースの都合でできなかったが、理想は玄関脇に靴のまま歩いて入れる土間収納を設置したかった。自転車も収納できれば申し分ない。

(千葉県・ミニトマトさん・女性)

外回りの収納 汚れたものを収納できる外回りの収納があったらよかった
スコップ植木鉢 ゴミ箱などを入れておく収納 いかにも収納というのではなく、かわいい小屋みたいなものがあればもっとよかった。

(神奈川県・kathyさん・女性)

家族5人(全て成人)で、うち女性が3人となれば、まず靴の収納スペースから、化粧品類をはじめ、どうしても物があふれて来ています。今の収納スペースでこれ以上物が増えない様に願っています。

(神奈川県・シャロームさん・男性)

ホットプレートの置き場所…大きくてスペースがいる。よく使うので出しっぱなしになってしまった。

(京都府・こころんさん・女性)

家は収納スペースが多い方ですが、家の中で一番長くいるところ(LD)は、やりかけの書類・本・子どもの玩具など、どうしても散らかります。

(新潟県・ノンさん・女性)

納戸がほしいです。冬・夏季節での使用専用品の収納先がありません。

(香川県・dwarfさん・男性)

扇風機、炬燵、ダンポールにしまいっぱなしになっている思い出の品々等の大きな物をしまうスペースが足りません。ウチは、賃貸併用なので、賃貸の内階段の下を収納に使えるよう改造して補いました。

(東京都・まさん・男性)

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2010年12月15日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----