PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム間取り > 家づくりの理想と現実

家づくりの理想と現実トイレにあるものを置きたい

家づくりの理想と現実トイレにあるものを置きたい

やっこ さん

30代の主婦であり、エンジニアとして働く会社員でもある。2014年に、1階にご主人の両親、2階にやっこさんご家族(ご主人+男児2人)が暮らす二世帯住宅を建てる。

家づくりの完成までの記録にとどまらず、完成後には図面では解らなかった使い勝手・デザインへの感想、また使いやすくするための細やかな工夫等の情報を公開し、新築を検討中の人たちに人気のブロガーさんです。

Blog http://iemonokoto.blog.jp/

私にとってのトイレとは…

今回からは「トイレ」を見ていきます。

トイレは「用を足す」ための場所なわけですが(当たり前)、私にとってはもう一つ大事な役割のある場所でもあります。それは…大きな声では言えませんが「読書スペース」としての役割です。

賛否両論あると思うのですが、トイレにこもって本を読むというのが私の昔からの(秘かなる)習慣なのです。

ということで、トイレに関しては「用を足す場所として機能的・合理的であること」と「読書スペースとして快適であること」という何の関連もない二つを実現することが要望の大きな柱となりました。

当然ながらこれまでに住んだ賃貸住宅や分譲マンションでは「トイレ=読書スペース」という想定の作りになっていないわけで、ここは注文住宅ならでは、そしてわが家ならではのこだわりポイントとも言えますね。

では、具体的な要望を見てみます。

トイレを読書スペースにしたい!
トイレの音・臭い対策

LDKから直接出入りする間取りではないこと

音や臭いの対策として、LDKからトイレへ行くまでにワンクッション、扉で区切られた他のスペースが必要と考えていました。

このワンクッションのスペースはもちろん洗面室であることが望ましく、トイレ−洗面室という配置にすることでトイレ内の手洗い設備を不要とできればなお良し!と考えていたことは洗面室の回でも書いたとおりです。

トイレの間取り・配置
トイレは引き戸で横から入る

扉は引き戸で、トイレ正面ではなく横から入る間取りであること

トイレにあまり大きなスペースは割きたくなかったため、最低限の広さであることを考えての要望です。

引き戸とすることでドアの開閉スペースが不要になること、横から入る間取りとすることでトイレ掃除や子どものトイレ介助時の窮屈さが緩和されることを期待していました(旧居マンションはトイレの真正面に開き戸という間取りで、子どものトイレ介助の際などキツキツで結構大変でした…)。

トイレの間取り トイレ本体

トイレ本体は凹凸や隙間の少ない掃除しやすい形状であること

トイレ本体の機能性についてはあまりこだわっていなかったのですが、とにかく掃除がしやすいトイレがいい!!という点だけは強く希望していました。

タンクレスかタンク式かにもこだわりはありませんでしたが、掃除のしやすさを考えるとタンクレスの方がいいのかな?と何となく思っていました。

旧居マンションはいわゆる普通のタンク式トイレで、掃除の際にどうしても手が届かない隙間があちこちにあり、なんでこんなに無駄に凹凸が多いの!?とよくイライラしていたのです。

ただ、この「掃除のしやすさ」以外の機能にはあまり求めるものがなかったため、できるだけトイレ本体にはコストをかけたくないと思っていたのですが、凹凸や隙間の少なさ(=掃除のしやすさ)は、結局のところ価格が高いほど優れているというのがやるせない現実で…(そう言えばキッチンでも同様のやるせなさを感じましたね)。

価格とのせめぎあいで最後まで二転三転したところでもあります。

トイレのハウスメーカー標準仕様 トイレいろいろ、タンク式、すっきりデザイン、タンクレス
トイレの使いやすい収納

腰より下に扉付きの収納があること

トイレ内にトイレットペーパーや生理用品の収納スペースを確保することは外せない要望でしたが、その収納は腰より下の高さに設置したいと考えていました。なぜなら、これらのものはトイレに座ったまま出し入れしたい場面の方が多いからです。

旧居のトイレでは座ったときに背にする側に吊り戸棚があったのですが、この高い位置の収納というのは座ったままだと手が届かず何かと不便で…。そしてこの収納は、生活感を隠すため&汚れ防止のため扉付きにしたいという思いもありました。

使いづらかったトイレの吊戸棚収納
トイレに本棚があること

本を置くための棚があること

これは冒頭書いたとおりですね。私のトイレ内読書習慣のため、小さくてもいいのでトイレ内に本棚を設置して本を置けるようにしたいという要望です。上の収納の要望と合わせて、腰より上部分は本棚、下部分は扉付きの収納とできれば、収まりも良くていいかな〜なんて思っていました。

とは言え、間取りや収納のようにこの要望が実現できないとすっごく不便なのよね〜!!というものではなく、言わば贅沢品に近い要望なので…。優先順位の上位には挙げづらく、検討終盤になってどさくさに紛れて挙げだした要望だったりします。

要望としては以上です。
トイレへのこだわり度合いってかなり人によって差が出るところかと思いますが、わが家の要望はわりとあっさりしているほうではないでしょうか。

それでも結果として、トイレはわが家らしさがよく現れた場所のひとつになった気がしています。 そんなトイレの現実編は次回にて!

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2018年3月28日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----