PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム間取り > 家づくりの理想と現実

家づくりの理想と現実キッチン設備の後悔ポイント

家づくりの理想と現実キッチン設備の後悔ポイント

やっこ さん

30代の主婦であり、エンジニアとして働く会社員でもある。2014年に、1階にご主人の両親、2階にやっこさんご家族(ご主人+男児2人)が暮らす二世帯住宅を建てる。

家づくりの完成までの記録にとどまらず、完成後には図面では解らなかった使い勝手・デザインへの感想、また使いやすくするための細やかな工夫等の情報を公開し、新築を検討中の人たちに人気のブロガーさんです。

Blog http://iemonokoto.blog.jp/

前回のキッチン設備への要望を踏まえまして、今回は完成後のキッチン設備を見ていきたいと思います。

前回書いたようにキッチンにおいて最優先だった要望は、 「リビングダイニング空間やフロア全体の雰囲気に自然になじむような家具に近いキッチン」という「全体的な見た目」に関するものでした。この観点で各メーカーのキッチンを比較した結果、パナソニックの「リビングステーションSクラス」というシリーズを採用することに(現在は廃番で、後継は「ラクシーナ」というシリーズになっているようです)。

直線的で家具のようなデザインが好みだったことに加え、扉材のラインナップにリアルな木目調のものが豊富にあり、それが思い描いていたイメージにピッタリであったことが決め手となりました。

ということで、わが家に設置されたキッチンはこちら。

左・キッチン本体、中・キッチン本体のリビング側、右・背面カップボード。

ごくごくシ普通のシステムキッチンですが、最大のポイントは、この扉材。

選ぶ時の決め手になった木目調の扉材。思い描いていたイメージ通りのLDKのに馴染む家具のようなデザイン。

扉材には、マットな質感のウォールナット木目調のものを採用しました。これ、扉材のラインナップの中で最もグレードが高く…。この扉材を採用したことで結構な増額となってしまったのですが、でも「本当にこれを選んで良かった!」と繰り返し感じたほど見た目においては大満足の選択となりました。

フローリングや家具と一緒に目に入るダイニング側からの眺めも好みすぎて、入居後しばらくは見るたびに嬉しくなったものです。

リビング側からキッチンを見たところ。持っていた家具や床材との相性◎

 

 

 

キッチン本体は、奥まで有効活用できる引き出し収納。背面カップボードに家電や物をしまったところ。収納量も満足。

ということで、最優先だった「全体的な見た目」においては、かなり満足!という結果となったキッチン本体。一方、個々の設備類も扉材の増額のあおりを受けて、全体的にやや減額仕様となったものの、最初から現実的なラインで要望をリストアップしていたこともあり、ほぼすべての要望を実現できました。

希望通りの容量大きめの深型ビルトインタイプの食洗機。リビング・ダイニングの全体の採光&通風のため、背面カップボードの中央付近に窓を2つ設置。

なので要望から見れば「理想どおり」ですし、使い勝手も概ね悪くないキッチンなのですが…。ただ、やっぱり設備というのは日々使ってみないと分からない部分も多く、しばらく使ってから「これは採用して良かった〜!!」と満足に感じたものもあれば、「うーん。これはイマイチだった…」と残念に感じたものもあったりします。

その中でもとりわけ<満足度が大きかった設備>と<ガッカリ度が大きかった設備>をピックアップしてみたいと思います。

満足度の高いもの

まず、満足度が大きかった設備。一つ目はシンクです。 シンクは少しグレードアップして、カウンターを四角くくり抜いたような形状のタイプを採用しました。

カウンターからシンク、そして排水口まで隙間がないため掃除がしやすいということに加えて、スクエアなデザインが醸し出すシャープな雰囲気が好みで、機能性も見た目もとーっても気に入っているシンクです。

継ぎ目のない掃除のしやすいシンク。機能性も見た目も大満足!

何より「見た目がお気に入り」ゆえにシンク前での作業も気分が上がりますし、それがキレイに保とうというモチベーションUPにもつながっています(毎日ピカピカに洗い上げてます!)。

日々何度もシンクの前に立って作業するので、この「見た目」による効果はなかなかあなどれず、増額となっても選んで良かった設備の筆頭です。

こちらは、排水口部分。「スキマレスシンク」という名前だけあって、本当にスキマなし!で掃除がラク。

そしてもう一つは、手元を隠すカウンターの立ち上がり部分。

カウンター奥には約30センチの立ち上がりを設けています。この立ち上がり部分の壁面にはLED照明、ふきん掛け、フック、コンセントが標準装備となっていたのですが、これがどれもとっても便利なのです。旧居ではふきんの定位置確保に苦労していましたし、LED照明は夕暮れや夜中など照明を煌々と点けるほどでもないときに程よい明るさで予想以上に大役立ち。

30センチの立ち上がりに付属の照明、ふきん掛け、フック、コンセント。どれも大活躍。

それに加えて、この立ち上がりがあることで、対面するダイニング側への水ハネや油ハネを気にしなくて良いというメリットもありました。特に、コンロ前に壁を設けずオープンとしたため、ダイニング側への油ハネが少し心配だったのですが、立ち上がりというワンクッションがあるおかげで全く気になりませんでした。

フルフラットでオープンなキッチンにも憧れはありましたが、壁面を有効活用できることやダイニング側とゆるく空間を仕切れることなど、立ち上がりを設けたことはわが家にとっては使い勝手の面で大正解でした。

台ふきんが掛けられて便利!
ガッカリ度の高いもの(1)水栓

逆に、ガッカリ度が大きかった設備はと言いますと。一つ目は水栓。

当初要望どおりの浄水器一体型の水栓で、手元ボタンで原水・浄水を切り替えられるようになっています。浄水設備はどうしても欲しい設備の一つでした。ただ、普通の水栓とは別に浄水専用の水栓を設置するのはスペースの点から避けたかったため、原水・浄水一体型の水栓が唯一の選択肢だったわけです。

でも、これが設置されてみたら思っていた以上に大きくてゴツイ形状でして…(カタログでサイズは見ていましたが、実物は予想以上の大きさでした)。しかもシャワーヘッドを引き出すとこのゴツイ水栓が根元からゴソッと引き出されてくるので、小回りが利かず使いにくくて・・・。

せっかくの伸びるヘッドですが、こんなに大きいと思わなかった…。

という見た目も使い勝手もプチストレスを感じる水栓。当時は選択肢がこれしかなくやむを得なかったのですが、いつか水栓だけ別メーカーのものに取り替えられないかと秘かに企んでいたりします。

ヘッドを収めているときの水栓。
ガッカリ度の高いもの(2)IHクッキングヒーター

そしてもう一つはIHクッキングヒーター。

標準的なプランだとヒーターは2口IH+ラジエントだと思いますが、ここはわが家では減額ポイントとなりまして、2口IHのみという最低限の機能のものを採用しました。

ヒーターの数自体は特に不足していませんが、残念だったのはカウンターからIHクッキングヒーターまでの段差がかなり大きいこと。この段差、約13ミリあります。この大きな段差で地味に掃除がしづらくなっているのと、やっぱり見た目もスッキリしないというかモッサリ感が否めず…。

目に入るたびにちょっと残念な気持ちになるのです。IHクッキングヒーターのグレードを上げるに従ってこの段差は小さくなっていくのですが、お値段もびっくりするくらい上がっていきます(わが家が選んだものと最上位グレードのものは倍以上の価格差です)。

それもあって、検討時は段差の大小には目をつぶってしまったのですが、でもこんな残念な気持ちになるのであればグレードを上げておいても良かったかもなぁ…と後悔ポイントの一つになってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターとの段差がこんなに。

というわけで、全体的には概ね満足ですが、個々の設備を見ると満足とガッカリが入り乱れるわが家のキッチン。上記のように満足や残念に感じる理由を突き詰めてみると、私にとっては「見た目がスッキリしているかどうか」「掃除がしやすいかどうか」という点が大事だったんだなということが良く分かります。

その「自分が重視するポイント」が検討時にはっきりと意識できていれば、「コストをかけてでもグレードを上げるべきカ所」と「割り切って節約すべきカ所」の取捨選択がもっと上手くできたかもなぁなんて思ったりします。

とは言え、大抵の設備で「見た目のスッキリ感」や「掃除のしやすさ」はグレードとリンクしているので、それを追い求めると増額一辺倒になっちゃうんですけどね…。キッチンに限りませんが、コストと優先順位の兼ね合いは難しいものですね。 以上、キッチン設備の現実編でした!

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2017年12月27日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----