PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 素敵なお庭をつくりましょう!

第32回「“2015”育てるリースのつくり方」

日当たりが悪いこともあってか庭に植えた植物が冬になると痛みがひどく、枯れてしまうこともあります。
ここ数年は秋に花を植えるのもくじけています。なにか対策があれば秋〜春の花壇を楽しみたいのですが。

朝晩はグッと冷え込んでいよいよ冬到来ですね。今年は暖冬と言われていますが、思いがけない寒波で慌てることがないように、植物の冬支度をしておきましょう。

秋に植えた花壇や鉢植えのパンジーやビオラ、新しく植えた苗木など、冬のダメージを与えないように冬を乗り越える対策をご紹介します。少し気遣ってやるだけで春の成長がグ〜ン!と違います。

丁畑仁美

兵庫県西宮市にあるガーデン工事から花の販売まで行う中野農園のガーデンショップ「Orange Berry(オレンジベリー)」の店長。店内では植物の販売に、庭や玄関に飾るオリジナルの寄せ植えを作成。また、植え方、育て方などの相談に答える。人気のハンギングバスケットの講習会も園内にて開催中

・エクステリアプランナー
・造園施工管理技師
・ハンギングバスケットマスター

HP http://orangeberry.net
facebook
http://www.facebook.com/orangeberry8783

リースのつくり方

『冬は寒いから』と漠然と捉えていては対策をするにも何をしたら良いか困りますよね。

植物にダメージを与える原因は霜柱・寒風・雪・低温(霜降)・凍結の5つです。それぞれの原因が及ぼす場所や植物に合った対策を講じて効率よく冬支度をしましょう。

地表面が0℃以下になると水分が凍り、それによって地中の水分が毛細管現象によって地表に上がってくるときに氷になります。次々と上がってきては氷結するため、細い針状の氷となって伸びたものが霜柱です。霜柱は地表の土や苗を押し上げ、解けても押し上げられた苗は元に戻らないので根が露出して乾燥します。

気をつけたいのは花壇に植えた草花や球根、苗木です。特に植えつけて日が浅く、根が充分に張っていない場合は要注意です。

対策としては株元にマルチングをします。マルチング材もいろいろありますが、お勧めはバーク堆肥です。風で飛んでいくこともありませんし、次のシーズンの植え替え時にはそのまま耕して土壌改良になります。

花や葉に堆肥が被さらないように丁寧に2p程度の厚さで置いていきましょう。

シベリア大陸からの寒気がもたらす季節風は日本海側では大雪を降らし、水分を落として太平洋側に吹く北風は冷たいだけではなく乾いています。そのため、実際の低温以上に植物にダメージを与えます。

気をつけたいのはレモン、オリーブ、アカシアなど寒さに弱い常緑樹です。特に植えつけて日が浅いものは寒冷紗(カンレイシャ)や不織布(フショクフ)で覆いをします。どちらもホッチキスで要所を留めたあと、飛ばないようにヒモで数ヵ所結んでおくとよいでしょう。

3月中〜下旬には外しても大丈夫です。 ハンギングバスケットなど、風当たりの強い場所にあるものも風除けを工夫して下さい。吊り下げているものは風の強い夜だけでも下に降ろすだけで随分寒風を免れます。

耐寒性のある植物は雪に埋もれると意外にご機嫌です。それは、雪に覆われて地面は0℃に保たれ、水分もほどよく有り、ウィルスの心配も無く植物にとって良い環境となるからです。

でも耐寒性の弱い植物にとっては温度だけでなく、雪の重さに対応できないものが多く、雪の重みで茎や枝が折れてしまいます。花壇や鉢に植えた草花は雪予報が出たら大きめのダンボールなどを被せて防ぎましょう。

霜は地表や物が0℃以下になると、それに触れた空気中の水分が凍って白く付着します。気温が5℃以下で晴天無風だと、放射冷却によって地表近くは0℃以下になって霜が降ります。耐寒性の弱い植物は中の水分が凍って枯れてしまいます。

霜が降りる条件は無風の場合が多いので霜は真っすぐ下へ降りるといいます。家の中へ取り込むのが困難な大きいものは、軒があれば建物の壁に添わせて置くだけで随分違います。

地植えのものは覆いを被せることで防ぎましょう。 また冬の水やりの鉄則ですが午前中に済ませます。夏よりも乾かし気味で大丈夫。夕方以降に不用意な水やりをして霜柱や霜に当てることがないよう気をつけましょう。 雪と同じく霜予報も要チェックです。

「切り戻し」の裏ワザ

地植えしたものは地温という味方が根っこを守ってくれますが、鉢はダイレクトに側面からも冷やされるので鉢土が全て凍ると根や球根も凍ってしまいます。

カンナやダリア、ジンジャーなどの夏咲き球根は要注意です。家の中へ取り込めないものの対策としては地面に鉢ごと埋めてしまうか、二重鉢にして空気の層で凍結を防ぎます。ダンボールで鉢ごと覆うのも効果がありますので、冬の夜間用ダンボールを用意しておくのもいいですね。

私たちは職業柄、天気予報は必ずチェックします。でも普段あまり天候に左右されない方 にとっては『うっかり!』も有るでしょう。とりあえず、バーク堆肥でマルチングをして 少し乾かし気味に育て、水やりは午前中に。

大きめのダンボールを用意しておいて雪や霜 の予報を見たら覆いをする。これだけで春のお庭がイキイキと長く楽しめます。

コツコツ草抜き派除草剤でイッキ派

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2015年11月25日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----