イエマガサポーター発 私の地元のちょっと変わった習慣
関東・甲信越地方 豪華絢爛な七五三は結婚披露宴そのもの! 横浜の「サンマーメン」って? 北海道・東北地方
無尽(むじん)という飲み会があります。昔はどこの地方にもあったらしいのですが、いまだに根強く残ってるのはこの地域だけらしいです。
お店の看板にも「大小宴会、無尽会、承ります」と書いてあるものをよく見かけます。山梨に遊びにきたら、気にして見てください。(山梨県 さくらさん 女性)
栃木県ですが、ここは雷が多いです。少しでも雷が鳴っている間は絶対風呂に入りません。おへそを取られないようにね。(栃木県 みづきんぐさん 男性)
ただでさえ寒くなった長野市は、この寒い11月の終わりに花火大会をやります。超大勢集まるのが不思議……。(長野県 ばあどらさん 男性)
出産してから三日目に、親戚や近所にぼたもちを配るというものです。
昔は出産したばかりのお母さんの母乳がよく出るように、栄養をつけるという意味で食べていたそうです。(千葉県 まーやさん 女性)
豪華絢爛な七五三! 千葉県銚子市では、特に女の子の7歳のお祝いは大変な騒ぎです。「ちょっとした宴席」程度ではなく、まさに結婚披露宴そのもの。
親戚はもちろん、ご近所さんや、両親の会社の上司なども披露宴に呼ばれます。金屏風に高砂を立て、仲人さんのように両親の上司などが子供の介添えをします(両親はお酌に回るため)。
子供は何度もお色直しをし、おけいこごとの発表をします。もちろん、引き出物をお土産につけて終わります。ご祝儀も結婚式並みです。
七五三私も学校を休んでお祝いをしてもらい、着物、ドレスと何度も着替えをしたり、当時習っていたエレクトーンの演奏をしたりしました。
もうすぐ娘の3歳のお祝いです。出費が恐い〜。(東京都 マヒママさん 女性)
 
新年のあいさつで、タオルを取引先などに配ることは企業では普通にあると思います。現在住んでいるところでは、個人が近隣の人にお年賀のタオルを渡します。中にはタオルの包み部分にお年玉を挟めるようになっているものもあり、スーパーで普通に売っています。
引っ越してくるまで、このような習慣がなかったので驚きました。(千葉県 ピコさん 女性)
小・中学生の頃、しょっちゅう食べていたサンマーメン(もやしなどの野菜炒めのあんかけがのったラーメン)。ラーメンだけでは栄養的に偏っているということで、母はラーメンを買ってくると野菜をのせてサンマーメンを作ってくれた。
サンマーメンは全国共通だと思っていたが、大人になってからサンマーメンを知らない人と遭遇して驚愕した。調べてみると、サンマーメンの発祥地はここ横浜。ローカルな食べ物だったとはビックリ!
でも、サンマーメンはおいしいので、横浜にお越しの際はぜひ召し上がってみてください。(神奈川県 ちこりさん 女性)
うちだけかもしれませんが、新しい靴をおろすときは、午前中!! 午後おろすと、その靴でけがをするといわれているので……。(神奈川県 ホッシーさん 女性)
黒い河童が多数出現します。裸足で自転車に乗っています。せめてビーサンでも、と思うのですが、真冬でも彼らは素足です。どこで脱いだかわからなくなるし、家から浜まで自転車を降りないので履かないんだそうです。
びったりのウエットスーツ身を包んで、サイドにはカラフルなサーフボードを乗せて、街中でも住宅街でもそこらじゅう出現します。でも、当たり前の光景なので、すれ違う人は振り返りもしません。
ここは湘南、江ノ島はすぐそこです。(神奈川県 クウさん 女性)
北海道・東北地方
 

 

 
前のページ 前のページ 次のページ
ページ公開日:2006年12月14日

イエマガメールマガジンに登録する
  ページのトップへ戻る