イエマガサポーター発 私の地元のちょっと変わった習慣
近畿地方 運動会のPTA競技で河内音頭! 盆踊りもただごとではありません 北海道・東北地方
大阪の八尾に住んでいますが、やっぱり河内ってことで皆さん河内音頭が好きなようです。子供の小学校の運動会では、PTA競技に河内音頭がありビックリしました!! いつか私も染まってしまうのだろうか……心配です。 (大阪府 マッコさん 女性)
大阪府にある千里ニュータウンで育ちました。文字通り新しい街なので、習慣は少なかったけれど、夏休みは小学校で盆踊り大会があって、カルピスが樽に入っていて、柄杓ですくって飲ませてもらえるのがうれしかったです。
今はその近くに住んでいますが、クリスマスにサンタ服を着ていると、エキスポランドが無料になるので、クリスマスはサンタだらけになります。(大阪府 レイティーさん 女性)
 
近所の町内会3町合同で行われますが、櫓を囲んで唄に合わせて踊る以外に、各町内会の青年団が大太鼓を御輿でかつぎます。
クライマックスは、4〜5mほどの高さに作られた太鼓のつるし枠に御輿ごと突っ込んで、太鼓に繋がれたロープをひょいとうまく投げて引っかけ、引っかかったそのロープに青年団がジャンプして数人でつかみ下ろし、太鼓をつるし上げるというもの。
近代の盆踊りではなかなか見かけない、伝統ある行事です。(大阪府 えっちゃんさん 女性)
大阪の堺市です。団地の中の集会所が喫茶店になっていて、地域のおばさまたちが順番で店番をしています。コーヒーやトーストなどが低料金でいただけ、みんながくつろげる空間です。(大阪府 くにえりさん 女性)
中国・四国地方 あんこたっぷり、甘〜いお雑煮。14歳になったら少年式のお祝い
北海道・東北地方
お雑煮は白味噌&あんこもち。私の出身地の香川県の習慣(?)ですが、お正月に食べるお雑煮は白味噌のお汁にあんこが入った丸もちでした(具は大根や人参です)。
幼いころから当然のように出てきたのですが、甘い物が嫌いな私は毎年苦痛でした。だって、食べているうちにあんこが溶け出し、あんこ色の味噌汁になるのですから。
主婦になった今、お雑煮はあんこもちではなく、普通の丸もちです。
ちなみに、結婚当時、私の実家で初チャレンジした主人は、今「あんこなしのおもちでお願いします」と言ってます。なんであんなお雑煮がおいしいというのか、未だ理解できないらいしです。(愛媛県 efさん 女性)
 
 
愛媛県です。14歳になる中学二年生を対象に、少年式という、成人式にならったような祝いの式典を学校で行います。(東京都 べるえるさん 女性)
家に嫁を迎えたときは、近所中の女性が集まってお披露目会が行われます。あいさつなどは一度で済んで楽なのですが、ちょっと圧倒されますよね。(島根県 ののたろうさん 男性)
九州地方 勘違いしそうな方言「なおす」。結婚一年目にぶりを贈る理由は……?
北海道・東北地方
以前住んでいた九州で、おもちゃなどを「片付ける」ことを「なおす」と言う習慣がありました。最初、何を修理するのか? と違和感がありましたが、関西より西ではそういうふうに言うようです。(神奈川県 kukukuさん 女性)
 
結婚した最初の年に、奥さんの実家に「ぶり」を丸ごと一匹贈ります。「よか嫁ごぶり」ということを伝えるもので、奥さんの実家では送られた「ぶり」を雑煮に入れたり、焼いたりして正月の膳に出します。私も贈りました。(福岡県 ウータンさん 男性)

 


【このページのご感想をお聞かせください】




 
前のページ 前のページ トップに戻る
ページ公開日:2006年12月14日
     
クチコミ特集バックナンバー

イエマガメールマガジンに登録する
  ページのトップへ戻る