PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム土地探し はじめての家づくり「候補の土地」を見つけたら もくじ

はじめての家づくり「候補の土地」を見つけたら…
土地選びから間取り検討までのお話です。
不動産情報をから候補をしぼる

念願の家づくりを決意した大家夫妻。まずは土地探しから始めることになりましたが、金曜日のお昼過ぎに、陽子の親友の住吉さんから、こんなEメールが。

『陽子、久しぶり。土地探ししているんだって? だったら土地探しに関するコンテンツが、ネット上にはいろいろあるからチェックしたほうがいいよ』

パートから帰った陽子は、早速パソコンで『土地探し』のキーワードで検索。ずらりと出てきた一覧には役立つ情報が満載です。 その夜、自分が見つけたホームページのことを健太郎に伝えて、早速チェック開始です。

いろいろあるわね!!

ぼくたち、値段と駅からの距離だけで候補を選んでいたけど、ほかにもチェックすること、いろいろあるんだなぁ。

でも、お金の話は譲れないわよ。私たちが払っていけるのは、どう見積もっても4,500万円。できるなら100u(約30坪)以上の家をと言うと…この街なら、やっぱり土地代に2000万円ぐらいはかかりそう…。

はいはい、ぼくの稼ぎじゃ、それ以上は無理だからね。

あら、私だって働いているのよ。
でも、2,000万円の予算でも候補がたくさんあるから、確かに金額だけではしぼりきれないわ。

とりあえず、ほかのサイトも見てみるよ。見方や考え方に偏りがないようにね。参考になるサイトがあったら知らせるよ。

自然環境と地歴から地盤を予測する

翌日の土曜日。今日は集めた情報を基に、明日実際に見に行く土地を候補の中からしぼりこまなければいけません。

川や池のそばは軟弱地盤の可能性があるって資料を見つけたんだけど、ちょっと気に入っていた候補(7)は、裏の水路があるけどどうなんだろう…。

あっ、地図でも西側一帯にまだ田んぼが残っている。どうやらこの土地も元は田んぼだったかも?軟弱地盤の可能性ありか。そう言えば同級生の岩城が、『田んぼだった土地を地盤改良工事した』と言ってけど、このことなのか…。

ええっ、そうなの。だったら、私が選んだ(4)も軟弱地盤かしら?

こういう土地がすべて軟弱地盤というわけではないらしいけど、この2つは詳しい調査がいるね。

ということで、候補(4)と(7)は保留となりました。

岩城 堅剛(いわき・けんご)/地盤調査会社の社員。論理的な思考で物事を冷静に判断する建太郎の学友。

「東日本大震災では、海に近い埋め立て地で液状化現象が多く見られましたが、実は内陸部でも水田などに盛土を施した土地が液状化したという被害が報告されています。

候補(4)の場合も、川が蛇行していて池があることから、以前の川の流れは図1のようであったと考えられ、この公園の一帯は地盤が弱い可能性があります。その場合、地盤がとくに弱い部分が、ほかより沈み込む『不同沈下』という現象を引き起こし、その上にある建物が傾くことがあるので注意が必要です。

こうした過去の様子を知るには、図書館などで閲覧できる古地図や、自治体の防災マップなどが参考になります。
軟弱地盤であっても地盤改良を施したり、基礎を堅固にすることで『不同沈下』を抑えることは可能です。しかし、そのためのコストがかかるので、予算オーバーにならないよう注意しましょう」

大家(おおか) 建太郎35歳、妻の陽子33歳、長女の陽菜7歳、長男の翔太5歳。

はじめに

夫は都内の百貨店に勤務し、妻は近所のスーパーでパート勤務、長女は地元の小学2年生、長男は幼稚園の年中さんという大家ファミリー。

現在は、千葉県N市の社宅で4人暮らし。長男が小学校に上がるまでに、マイホームを実現したいと願う夫妻は、妻の実家(埼玉県K市)近辺での土地探しから始めることにしました。

とはいえ、はじめての家づくりですから、わからないことが多く不安もいっぱい。ワクワク、ドキドキの船出です。さあ、このあと大家ファミリーはどのようなドラマを繰り広げるのでしょうか。

著者紹介:西村弘志 さん
住宅情報誌や建築専門誌などの取材・執筆のかたわら、「土地探し」のウェブサイトにノウハウを提供している住宅ライター。

今回の「候補の土地を見つけたら」では、首都圏で暮らす30歳代半ばの夫妻とその子どもたちによる4人家族が、家づくりする様子を少しコミカルに描いています。 建前はフィクションですが、不動産価格やその実態などは実在する町を想定したもので、ひょっとしたら心当たりのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

バックナンバーはこちら候補を探した2駅の全体地図

 

 関連ページ  連載「土地探し10のコツ」  第3回「安全な暮らしを支える土地」

「用途地域」の分類を知る

不動産情報には必ず『用途地域』ってあるけど、これって重要なの?

資料には『その地域をもっぱらどのような目的で利用するかによって分けられた12の地域』と書いてあるよ。

目的って?

住宅とか、商店、オフィス、学校や工場を建てられる地域が決められているみたい。

ということは『工業地域』って書かれているから、工場しか建てられないってこと?

そうは書いてないけど……『工場の建築を前提にしている土地』だから住宅は向いてないのかな。

じゃぁ、候補(5)の『用途地域なし』ってどういうこと?

『市街化調整区域』は…『原則として用途地域を定めない区域』だって。でも(5)は不動産情報の下に、『近隣の農家に限る』と断りがあるよ!い

なんだ。農家に限るか…安いから気に入ってたのに残念!

「市街化調整区域は、農村や漁村などの都市化(市街化)を抑える目的で指定された区域なので、原則として農業や漁業に関わる人の住宅しか建てられません。
しかし、なかには一般の住宅が建てられる特殊なケースもあります。とはいえ、金融機関などの融資が認められなかったり、将来の建て替えが認められる保証がないため、リスクが大きいことを知っておきましょう」

住吉 智恵(すみよし・ちえ)/店舗の設計・施工を手がける会社の社員。陽子の悩み事などに、親身になって応えてくれる幼なじみ。
 関連ページ  連載「土地探し10のコツ」  第5回「土地に関わる法規制」


こうして、(5)と(10)、さらに(3)と(8)が国道のバイパスに近く騒音が気になることから候補保留に。

そして、土地形状が凸凹していて、建てにくそうな(6)もとりあえず保留となり、残るは(1)と(2)と(9)。

 関連ページ  連載「土地探し10のコツ」  第1回「環境のよい土地とは?」 関連ページ  連載「土地探し10のコツ」  第4回「土地の形状と周辺立地」
 

10件あった候補もなんとか3件まで絞り込むことができ、意気揚々の二人。次回は、いよいよ家族4人で現地を訪れます。どうなることやらお楽しみに!

 
 


【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2012年5月23日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----