PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 > 失敗しない収納プラン「もくじ」 第2回 整理を妨げている原因

物・間取り・動線から考える 失敗しない収納プラン
収納がたっぷりある家、散らからない家で暮らしたいと希望する人にとって、新築・リフォームはこの夢を実現する大きなチャンスです。あなたの家にとってどれぐらいのスペースが必要か、どこに配置すると片付けがしやすい間取りになるのか。最適なプランづくりを収納のプロ、「収納プランナー」の先生と一緒に考えていきたいと思います。
第2回 整理を妨げている原因・・・ 住まいのダイエット/全ての物を目にすることが重要 /要る物とは使う物/家庭によって違う収納量
住まいのダイエット

間取りを考え始めると同時に、住まいのダイエットに取り組みましょう。

いろいろな住まいを拝見していると、物の多さに圧倒されてしまいます。自分の持ち物でさえ把握しきれておらず、忘れてしまっている物も少なくありません。今一度、物を見直して、どれくらいの物を持っているのかを認識してみてください。

収納プランナー養成講座の中でも「住まいにある物の数を調べましょう」というワークを受講者にしていただています。みなさん「え〜!」と驚きますが、そこから見えてくることがたくさんあるので、大変でしょうが提出していただいています。

収納プランナー養成講座で提出いただいてる持ち物一覧表。家にある全ての物をリストに書き込んでもらいます。

全ての物を目にすることが重要

ひとり暮らしから6人家族まで、さまざまなデータがありますが、数にして1,000〜7,000個の物を所有して生活されています。それだけの個数のほとんどを母親が管理している家庭が多く、もはや一人で管理するキャパシティーを超えているのです。

リストをつくったときの感想として、

  • こんなに物を持っているとは思わなかった。
  • たくさんの物を入れて置くスペースがもったいなかった。
  • 一つのアイテムに対して、数が異常に多かった。
  • 要らなくなった物がたくさんあり、処分した。
  • 無駄をして生活していた。

など、さまざまなご意見をいただきました。収納に関心が高い人たちの中でも、自分の日々の生活や持ち物を目の当たりにすると再認識することは多いものです。

このように、数を数えるために住まい全ての物を目にすることによって、その時点から「要る」「要らない」の整理が始まっていくのです。

整理を妨げている原因

要る物とは使う物

目に見えないところでいかに要らない物が眠っているかを考えると、空間の無駄使いをしていると思いませんか?

日本の住まいの物の稼働率は平均約2割と言われています。たくさんの物を抱え込んで、日々使っている物はたったそれだけなのです。間取りを考えると同時に、自分の暮らしに本当に必要な物はなんなのか、またどれくらいかを考えてみましょう。

物を見直し、減らすための「ダイエット法」としては、とにかく住まいの中にある物を全て確認し、単純に「要る物」と「要らない物」に分けていくことです。しかし、残念ながら仕分けをしていくと、ほとんどの物が「要る物」の中に入っていくのです。ここでの「要る物」とは使っている物として、「要らない物」は使っていない物として仕分けすることが大切です(右図上:STEP1参照)。

物を分けていくとき、どうしても「もったいないから・・・」と何年も使っていないのに手放せないことがあるでしょう。もったいないと感じるのはどうしてなのでしょうか?高かったから?それとも、誰かからのいただき物だからでしょうか。

使わない物も新居に持っていくのであれば、それだけの空間を準備しなくてはいけません。当然、空間にはお金が掛かっています。なるべく必要な物だけを持って日々の生活を送っていれば、無駄な空間を作る必要はありません。

家庭によって違う収納量

この「必要な物の量」は、それぞれみなさん違っており、ライフスタイルによって変わってきます。少なかったら良いとか、多かったらダメだというものではありません。趣味の多い家庭や家で仕事をされる方などは当然、必要な物が増えてきます。やはり大事なことは住まいの必要物がどれだけあるか把握することなのです。

ポイント間取りを考える前に、全ての持ち物に目を通し、要る物と要らない物に分けて、住まいのダイエットを。 この作業で、どれだけの収納量が必要かが把握できます。

この作業は結構大変なので、時間を見ながら少しずつ行ってください。奥様ひとりで取り組むのではなく、家族の協力も必要です。

住まいのダイエットをすると、間取りを考えるときにも役立ちますし、後の引越時も物の見直しをしなくて良いので助かります。

平岡 さなえ さん

広島県生まれ。2006年6月「Sanae's Design株式会社」設立。片付かないと悩む各家庭に出向き「収納アシストサービス」を行う。また、整理収納だけにとどまらず住空間プロデュース、住宅メーカーの収納計画提案研修、講演会なども手がける。2009年6月「一般社団法人日本収納プランナー協会」を設立し、現在、住空間収納プランナーの育成に力を入れている。
著書『間取りでわかる“収納診断”』(主婦の友社発行)『さなえの30秒整理収納術Q&A』(セルバ出版 )。

この連載のバックナンバー
この連載では、持ち物の確認、ライフスタイルの見直しなど収納プランを立てる前に行うことと、実際にスペースごとにプランを立てて、動線や収納量の最終チェックまで行うプラニング方法を解説していきます。
収納を考える順序
 ダイニングテーブル、和室の床が埋め尽くされるほどの物がでてきます。このように並べてみると、どれだけの物を持っていたか、使っていない物がどれだけあるかがよく把握できます。
「要る物」=使う物と考えて、物を仕分けしていきます。要るか要らないかわからないものは「迷い物」として「要る物」とは別に仕分けします。
全ての物に目を通し、「要らない物」として仕分けした物は、売る、人に差し上げる、処分するなどして、住まいのダイエットを行いましょう。
まずは区別する
要る物・迷い物を残す
ルールをつくりながら収納

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2010年11月24日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----