PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 北欧スウェーデンから、かわいい家のつくり方「もくじ」

道田聖子,北欧,北欧雑貨,北欧インテリア,スウェーデン,Aj! design,アイ!デザイン,自然のなかのやさしいデザインたち,
道田聖子,北欧,北欧雑貨,北欧インテリア,スウェーデン,Aj! design,アイ!デザイン,自然のなかのやさしいデザインたち,

道田 聖子

スウェーデン人のパートナーと住まいとインテリアのデザイン会社「Aj! design(アイ!デザイン)」を経営する。また北欧雑貨店「ロピスラボ」店主であり、エッセイスト。毎年、夏にはスウェーデンのアネヒルのコテージで過ごす。著書に『自然のなかのやさしいデザインたち』『北欧のなつかしいモノ暮らし』(共にインターシフト発行)。

 

 

森の家に滞在中の楽しみのひとつは、庭の恵みをいただくこと。

香り豊かなシロップが作れるフレーデルの花木や、野生のサクランボやりんごが実をならせてくれますし、キッチンガーデンにはジャガイモやハーブ、それからルバーブが植わっています。

日本ではあまり手にすることの少ない新鮮なルバーブですが、スウェーデンの人たちには身近な夏の食材なのです。

ルバーブを見たときは、一体これは野菜として食べるのかしら、それとも…?と不思議でした。

初めていただいたのは、彼のママが作ってくれたルバーブのスープ。それを天然酵母の少しどっしりとしたパンとチーズと共に、ランチに出してくれたのです。それは甘酸っぱいドロドロのスープ。ルバーブ自体はとても酸っぱいので、甘さはたっぷりのお砂糖の効果なのです。

正直、食事としては食べ進めづらいなあ、という印象でしたが、ママに作りかたを教わり、毎夏食べるうちに、今ではルバーブスープは、私の中でアネヒルの思い出の味の一つになりました。

森の暮らしでは、食欲のベクトルが日本にいる時とはまた違う方向で働く気がします。あれが食べたいこれが食べたい、という欲ではなくて、身近な自然を感じる素材を手をかけすぎず、ゆっくり食べることが幸せ。

そしてそれを庭で食べることができたなら、なんて最高の食事なんだろう!と感じるのです。アネヒル暮らしでは、幸せを感じるセンスが磨かれていく気がします。

【読者アンケート】

この記事の感想


※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


石村由起子のいつもの暮らし

2017年9月6日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----