PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 > 北欧スウェーデンから、かわいい家のつくり方 「もくじ」  

北欧スウェーデンから、かわいい家のつくり方

SWEETな夏の想い出 

Back Number北欧のなつかしいモノ暮らしーー白夜の季節のスウェーデンから-道田-聖子

今年も夏のスウェーデン滞在中、夫の家族や友人たちと欠かさずフィーカ(スウェーデンのコーヒー&お茶タイム)をして、甘いものをたくさん食べました。帰国後、体重計に乗って、ガクゼン。もちろん、体重はその分上乗せです。

しかし、フィーカの時間に一緒に甘いものを食べる、というのはスウェーデンでは大事なコミュニケーションの方法なので、やめるわけにはいきません。むしろ、ディナーの誘いを断る方が簡単かもしれません。ディナーだったら、3時間コースを覚悟しなくてはなりませんが、フィーカだとせいぜい1時間くらい。

フィーカしましょうよ、というのはちょっと気軽に会いたいときの誘い文句でもあるので、よっぽどの理由がなければことわるなんて、できないのです。
もし断ったなら「ほんの少しの、フィーカの時間もないなんてー。私に会いたくないのかしら」なんて、誤解をされても不思議ではありません。

そう、ですから私はこの夏も、礼を尽くして頑張りました。決して、甘いものを食べすぎた自分への言い訳なんかじゃありませんよ!

スウェーデンで私が今年の夏1ヶ月の間に食べた甘いもの、体重増加も納得のスイーツを、これでもほんの一部ですが、写真でもご紹介します。甘いものお好きな方は必見です。
もちろん、私も甘いものは大好き、デス!

道田 聖子さん  スウェーデン人のパートナーと住まいとインテリアのデザイン会社「Aj! design (アイ!デザイン)」を経営する。また、北欧雑貨店 「ロピスボ」店主であり、エッセイスト。毎年、夏にはスウェーデンのアネヒルのコテージで過ごす。著書に『自然の なかのやさしいデザインたち』『北欧のなつかしいモノ暮らし』(共にインターシフト発行)。Aj! design(アイ!デザイン)ロピスラボ 道田聖子著 『自然のなかのやさしい デザインたち』
姪っ子と甥っ子が、初めて自分でマフィンを焼いてフィーカに招待してくれました。テーブルセッティングも完璧?!
実は、マフィンの作り方は、おばあちゃんに教えてもらっていましたよ。お菓子作りは、おばあちゃんと孫のコミュニーケーションの手段でもあります。
ブタペスト。ココア入りのメレンゲ生地に生クリーム、缶詰のみかんが入っています。実はこれ、ベーカーリーでは定番の私の大好きなケーキ。 それを知っているママがフィーカの時間に買ってきてくれました。買ってきたものでも、シルバー製のトレイやケーキサーバーでコーディネートして、ちゃんとフィーカ時間のために整えます。アイスクリーム。スウェーデンの夏には欠かせないスイーツ。子供はもちろん、大人も夏には晴れていたら、外でアイスクリームを食べているといっても言い過ぎではないほど。アイスクリームを食べているというより、短い夏を駆け足で味わっているのです。
ミニシュークリーム。旅先にふらり立ち寄ったカフェで。バニラビーンズ入りの生クリームとイチゴジャム。生地は軽いパンのような食感。
プリンセスケーキ(写真右)。小さな町のカフェにて。一番上の薄緑色のものはマジパンです。中はスポンジケーキとバニラクリーム、間にはラズベリージャムがサンドされています。お誕生日などに、ホールで買ってみんなで切り分けて食べるのが人気のケーキです。マジパンが甘〜いんですよ。コーヒーが合います。
ファルモルのメレンゲトルタ。ファルモルとはスウェーデン語でおばあちゃんのこと。おばあちゃんから伝わったメレンゲケーキです。 これは私がこよなく愛するママのホームメイドケーキ。上のメレンゲ生地がサクサクで、下の生地は卵のふんわりした香りとしっとりした美味しさに包まれています。間にはもちろんスウェーデンの生クリーム。トッピングは、夏のコテージの庭で朝摘んだばかりの甘酢っぱいヴィンベリー。写真を見ているだけで、あの美味しさが蘇ります!
チョコレートケーキ。これは市販のものでしたが、自分で泡立てた生クリームや、ベリーを添えて夫のママがすすめてくれました。 実はこのチョコレートケーキ、中が半生のタイプなのです。カットするととろーりとチョコレートがとろけだします。ケーキ自体がかなり甘いので、生クリームにはお砂糖をいれません。ちなみに、スウェーデンの生クリームの美味しさは格別です。ミルクの味がちゃんとして、後味はそれほど重くはありません。
定番のワッフル。森の中のカフェにて。スウェーデンスタイルのワッフルは、平べったくてサクサクのこんなカタチ。緩く泡立てた生クリームと手作りのラズベリージャムを添えて。

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


石村由起子のいつもの暮らし

ページ公開日:2012年9月5日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----