PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム間取り 世界の間取りから > vol.2 自然を愛する、ドイツの間取り

世界の間取りから vol.2 自然を愛する、ドイツの間取り

フランスでもドイツでも、完全なオープンキッチンはほとんど見かけません。てっきりヨーロッパではおしゃれなアイランド型の配置が流行っていると思っていたのですが、意外に一般的ではありませんでした(小さなアパートではスペースがないためにオープンキッチンが多いのですが…)。

どの間取りを見ても、ドイツではリビングが「家の顔」のようです。日当たりが一番良いところに採光用の大きな窓を取り付け、リビング内に家事スペースをつくりません

お客さんをもてなす場所として、キッチンが見えたり、においが入ったりすることを避けているのでしょう。

 

多くの物件の売り文句として、「ゲストとくつろげる」「いいホストになれる」と書いてあります。おもてなしのために、家の間取りにこだわるより、家具のデザインと家具の配置にこだわりがあるようで、たとえば「ゲストが見渡せる、全員と目が合う配置」など…リビングは広くつくり、インテリアを楽しむ趣向のようです。

以下ではリビングの雰囲気を崩さずに、家族もゲストも使いやすい工夫が見られるキッチンの配置をご紹介します。
ちなみに下の間取り図でもわかりますが、ドイツは「テラス」が大好き。必ず大きな「テラス」が付いています。夏はここでビールかしら…と想像してしまいますね。

オーソドックスなよくある間取り
代表的なドイツの1階の間取り。
リビング・ダイニングはテラスに面した長方形。
ここまでキッチンから料理運ぶのめんどくさいなぁと思ってしまいます…。
キッチンはゆったりと最低でも2人がけのテーブルが置けるサイズになっています。
ダイニングからキッチンが見えない
この間取りをみると「ははーん。お客様と食事のときにキッチンが見えないのがいいんだな!」と気付きました。うまくキッチンを隠しつつ、配膳は便利な配置です。
主流のコの字配置のキッチンをこの壁で隠す。家族もゲストも使いやすい間取り。
間取りにいろいろな名前を付けるドイツ。この間取りの玄関ホールには、「風をつかまえる」という意味の名前が付けられている。
シンプルだけどナイスアイデア
ポイントは
■リビングの採光(出窓からたっぷり光が入る)
■キッチンと物入の位置
■玄関収納
■全体にオープンで広々使用したり、
 区切ったりできる
テラスがある家なら見本にしたいキッチンとリビングの配置。

 

間取りの基本的な配置は同じなので、豪邸になればなるほど、ダイニングとリビングの数が増えていきます。こんなにいる?というほど…。
さて、次のページでは、これまでの基本を踏まえつつ、採光プランが素敵な間取りと、リビングダイニングにドイツでは珍しい工夫が見られる間取りをご紹介します。

 



ページ公開日:2009年1月28日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----