PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 イングリッシュガーデンをめざす!

1.イングリッシュの考え方

イングリッシュガーデンとは〜イングリッシュ・ガーデンの父と母〜
 

現代のイギリス、また世界中のガーデニングに影響を与えた2人のガーデナーがいます。

産業革命後、19世紀末のイギリスで、それまでの豪華で幾何学的な庭園や海外から持たらされた様式を否定し、「ワイルドガーデン」=野生の庭(わざとらしい飾りのない庭)や「ロック・ガーデン」を提唱したウィリアム・ロビンソン。彼はガーデニングの専門雑誌の編集長も務め、市民への影響力のあるガーデナーでした。
イギリスでは、100年以上も前から、ガーデニングについて書かれた専門雑誌がたくさん出版されていたのです。

ウィリアムがロック・ガーデン(自然の石や岩の間に生息する植物をそのままガーデンに取り入れたもの)を広めました。
ピンク〜パープルの庭。カラー計画には、色の構成とそれぞれのカラーの色の分量を決めておきます。

 

そしてもう1人は、自然形で植物を楽しむという考えに賛同し、植物が織りなすフォルムと芸術的配置を追求したガートルード・ジーキル。

 

彼女の色彩計画「カラー・スキーム」と呼ばれる理論は、現在でも新しく書籍が出版され、世界中のガーデナーのテキストとなっています。

 

この2人のスタイルや方法論は、急激な経済成長を遂げるイギリスで、失われつつあった田園風景への懐古心と価値を高め、中〜上流階級の人々を中心に受け入れられました。自然の美しさを生かした「イングリッシュガーデン」はこうして誕生したのです。

こぼればなし(1)イギリス人の暮らし


イギリスの冬は夕方4時頃には日没。ロンドンでは3時頃から暗くなります。「長くて暗い」と形容される冬の間、春を待ち望む気持ちはとても強いものだと思います。そして長くなる日差しに感謝と喜びを感じながらガーデニングシーズンの始まりです。

暖かくなると夜8時ぐらいまで明るく、プライベートの時間を大切にするイギリスの人は、仕事が終わった後はガーデニングにたっぷり時間をかけます。
毎日の庭仕事は、水やりだけではありません。 草花ひとつひとつに触れて、花がら摘み、枯葉とり、切り戻し、虫のつきやすい花には消毒。
鑑賞するだけでは得られないこの作業の癒しや喜び、外で緑に囲まれて過ごす幸せが、イギリス人の心をつかんで離さないのでしょう。

  ページ 2 / 6  



ページ公開日:2008年4月23日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----