PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームインテリア・収納 マイホームへようこそ  > 第22回 吹き抜けを生かした一体感と光を楽しむ家

マイホームへようこそ 自分に似合う「世界にひとつの家」ができるまでのおはなし バックナンバー
見なし仮設住宅の生活からこの記事のTOPへ
庇の長さで光の量を調節する

イ:賃貸アパートで感じた不便を解消する工夫はほかにもありますか。

Oさん:アパートって基本的にベランダ側と玄関側の2カ所からしか採光ができないんです。なので、明るいリビングになるような工夫はしました。ただし、明るすぎないように、ということも考えました。

2階のベランダも、光が入るように、屋根まで吹き抜けに。その光をベランダの窓からリビングに入れるという採光方法。

イ:明るすぎないように?

Oさん:ええ、日光が直接差し込む範囲が広くならないようにしました。直射日光が当たるとまぶしいですし、家具とかも日焼けしますしね。

イ:具体的にどのように、光の量を調整したのですか?

Oさん:リビング側につけた庇というか小屋根の位置や大きさですね。しっかりと外光を取り入れながら直射日光が入り込まないように、窓の大きさとこの庇の長さは、パソコンソフトを使って日当たりを十分にシミュレーションしました。

見なし仮設住宅の生活から「吹き抜け」で開放感と一体感を庇の長さで光の量を調節する2階は廊下で広さを表現この記事のTOPへ

Aさん:吹き抜けの上の明り採りの窓とか、和室の雪見障子のような窓とかのおかげで、日中はとても明るいリビングになってます。

直射日光が入らないようにリビングの掃き出し窓の前に庇を。庇の長さは、どのように日光が入るかシミュレーションをして決定。庇を付けた分、暗くならないように、吹きぬけや和室の地窓で明るさを調節されています。
 
南向きのリビングは、冬場は暖かいが、夏場は窓辺の温度が上がります。日差しの熱い夏場は庇とカーテンで遮熱を。
次のページへ

2014年12月10日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----