PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム マイホームへようこそ第9回 家族のために試行錯誤を繰り返した家

第9回家族のために試行錯誤を繰り返した家
トップへ01経験02階段03家相04断熱材05棟梁06子供部屋07これから
06 子供部屋
--2階の子供部屋はロッジ風で天井もとても高く、男の子にはぴったりの空間ですね。これにはなにかイメージがあったのですか?

Oさん:子供たちは1人部屋が欲しいという年齢ではないので広い部屋で一緒に遊べるように考えました。
子供部屋も含めて家の中すべて、天井は高く作ろうと最初から決めていました。住宅展示場に行くと妻が「なぜか狭く感じる」と言っていて、恐らく展示場の天井の低さで圧迫感があるんだと思ったんです。
子供部屋は天井の高さを利用してロフトもふたつ作りました。子供がここをどう使うかまだわかりませんが、収納にも使えると思います。

いずれ、子供たちが『ひとり部屋が欲しい』と言い出したら、子供部屋を3つに仕切る壁を追加できるように梁を2本入れています。各部屋にひとつずつ収納スペースも配置しておきました。

今はまだ子供部屋で勉強しないので、ダイニングにデスクを置いて勉強するよう見張っています(笑)。ここは日当たりいいので、畳を敷いて寝転がるスペースとして作ったんですけどね。


1壁から天井まで木材が使われています。2屋根部分にあるロフト。くつろげるゆったりサイズです。3日当たりの良いダイニングのコーナーに勉強机。窓に囲まれて気持ちのいい空間です。



ページ公開日:2007年12月12日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----