Promotion Home資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム資金計画 家を建てる費用のそこが知りたい!

資金計画口コミ イエマガサポーター発

家づくりの先輩たち「イエマガサポーター」に聞いた成功・失敗の体験談や口コミ情報。


家づくりの資金どうする?

資金づくり関する後悔・反省したこと。>>

マイホーム購入時の
意外な出費

建築費用以外の必要な諸経費。意外にかかった!というものは? >>

地盤調査と改良の費用

地盤調査と、軟弱な地盤の時に行う改良の内容と費用を公開。>>

全口コミリストはこちら

見積もり白書

ナマの見積もりと間取りが見られる連載はこちら。>>

連載・読み物おうち拝見!マイホームへようこそこんな家に住みたい。いろんな設備や特別仕様をご紹介。こだわりの設備を選ぶなら北欧スウェーデン、かわいい家の作り方イタリアから、おしゃれな街の暮らし方モノと整理と収納失敗しない収納プランこだわりママの家づくりノート家づくりノートサポーター発口コミ素敵なお庭をつくりましょう!間取り探偵土地探しから間取り検討までの物語
家を建てる費用のそこが知りたい!季節のお庭だより海外ドラマの間取りとインテリアイラスト・エッセイ お役立ち情報&ふろくダウンロードコーナー・素材・ハガキ・転居、引っ越しハガキ建築用語集実践!引っ越し講座壁紙カレンダーイエ占いイエマガ通信サポーターズBlogサポーターズBlogとはサポーターログインはこちら

資金計画〜第3部〜(第1・2部「家を建てる費用はどれぐらい」はこちら)
家を建てる費用のそこが知りたい!家づくりに関する疑問… 資金の流れ、諸費用、税金などなど 実際に建てた人の体験談も交えながら ご一緒に解決していきたいと思います。家を建てるための費用について、 疑問・質問お待ちしております♪
第14回 住宅ローンが残っている人の住み替え

株式会社エスアール代表取締役。ICG大阪駐在員事務所代表。ファイナンシャルプランナー(CEP)、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザーの資格を保有。

日本FP協会2008年「くらしとお金のFP相談室」担当相談員。現在FP協会大阪支部幹事。

新しい家の費用として、新しく住宅ローンを組み直すことでお得になることも…。 この回の最後にご説明します。
ご質問  

現在、マンションで妻と子ども2人、家族4人で暮らしています。子どもが大きくなり、住宅が手狭になってきたので、一戸建てへの買い換えを考えています。ただ、まだ、マンションの住宅ローンも残っていますし、諦めたほうがいいのか迷っています。
一戸建てへ買い換えが出来るのかどうか、何か基準のようなものがあれば教えてください。

(大阪府・ヤマさん・男性)

回答
住宅ローンの借入額の考え方 

お子さんが大きくなられて、マイホームの住み替えを考えられているのですね。
住宅ローンが残っているとのことですが、どのような状況でしょうか。

3つのうち、(1)の現在のマンションが住宅ローンの残高以上の価格で売却できた場合はその売却益が新しいマイホームの頭金になると考えればいいですね。

また、それ以外の(2)か(3)の現在の住宅ローンの残高と同額か、それ以下の価格でしかマンションが売れなかった場合ですが、この場合も基本的には、このシリーズ第3回「住宅ローンの借入額の目安は?」を参考にしてください。つまり、その残った金額も含めて、住宅ローンがいくらまで返済できるか考えます。

この金額が、まずヤマさんにとって借入可能額なのか、そして大切なことは返済に無理がない金額なのかをこのシリーズ第3回を参考にシュミレーションしてみてください。

例えば、ヤマさんの住宅ローン残高が1500万円で、マンションの売却額が1000万円と見込めるとして、先ほどの式に当てはめてみましょう。

返済負担率25%の場合は、2500万円、35%の場合は、3700万円が新しい住宅のために借入可能と見込める金額となります。

第3回でもお話した通り、借入可能金額は、返済負担率の他、借入金利、借入期間によっても変わってきます。実際に実行される住宅ローンの金額は、その時の時代背景や、各金融機関によって、ヤマさんに提示される借入金利や返済負担率も異なってきますので、このシュミレーションは買換えを考えるための目安程度に考えてもらえたらと思います。

ローンの実行

次に、住宅ローンが残っている場合に、注意しなければならないのは、住宅ローンの実行は全て同日に行われるのが基本だと言うことです。

つまり、現在のマンションの売買、決済、現在の住宅ローン返済、借換え、新しい住宅ローンの実行。これら全てが同日に行われます。

これもこのシリーズの第1回を参考にして頂けたらと思いますが、一戸建て住宅を購入される場合、代金の支払にもいろいろなパターンがあります。特に、注文住宅の場合は、住宅の引渡しまでに工事代金の70%の程度の準備が必要です。

住宅ローンは土地の購入にあてて、工事代金は自己資金でという場合は問題ないと思いますが、工事代金の一部も住宅ローンで賄おうとする場合は、つなぎ融資などの検討も必要になります。

住宅ローンの借り換え

いろいろ考えると、マンションは売却したけれど、住宅ローンが残ってしまった場合は、新しい住宅のために借入できる金額も少なくなりますし、デメリットばかりのようにも思えますが、新しく住宅ローンを組みなおすことによってメリットが出る場合もあります。

特に、次の3点全てに当てはまる場合、あるいはいずれか1つでもかなり高めの場合は、支払わなければならない金利が軽減される可能性もあります。

例えば、現在1000万円で、残りの期間が25年、金利2.5%とした場合、

これが、新しい住宅ローンで、金利1.5%になった場合、

これは、マイホームを住み替えられるときばかりではなく、リフォームで借入をする場合、また、借入しなくても金利が高めな場合などは、一度、住宅ローンの見直しを検討することもお勧めしたいと思います。

ヤマさん自身の環境も変化していくことと思いますが、世の中の動きも変化し続けています。今回は、住み替えをされないという結果になったとしても、世の中の動きにも敏感になって、節目の時には住宅ローンの見直しにも目を向けて頂けたらと思います。

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


石村由起子のいつもの暮らし

2014年2月26日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----