PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム構造・建材 >サポーター発口コミ特集窓の配置と窓の種類 > 2.「採光」のために

サポーター発口コミ/窓の配置と窓の種類
この記事のTOPへ戻る
「採光」のために

自然に光の入る位置に窓を配置することによって、家全体が明るくなると思ったので業者さんと相談して配置を決めました。

(大阪府・どんどんさん・女性)

周囲に家が建っても明るさを確保できることと断熱効果が高いかどうかを検討。

リビングの掃き出し窓。家の中で最大の窓です。 家の中の全ての窓にトステムのマイスターUという樹脂サッシで、Low-Eのペアガラスを採用しています。北海道など北国でよく使われている、高断熱の製品とのことです。

(宮城県・ぴよちゃんさん・男性)

採光の面では、リビングの南側にはかなり大きな引き違い窓をつけました。また、各部屋に必ず2枚以上の窓をつけることで風通しをよくしています。設計士の提案してくれたプランがよく考えられていたので、ほぼそのまま採用しました。

リビングの掃き出し窓。家の中で最大の窓です。 家の中の全ての窓にトステムのマイスターUという樹脂サッシで、Low-Eのペアガラスを採用しています。北海道など北国でよく使われている、高断熱の製品とのことです。

(群馬県・マイルの星さん・男性)

ハウスメーカーの提案ではリビングの窓が南面に大きな窓1カ所だけだったので、朝日が取り込めるようにと思い、東面に採光と風通しを兼ねた窓(壁の上の方に横長い窓を)をつけた。

(茨城県・とくさんさん・男性)

南側だけではなく北側にも大き目の窓を設けて北側からも採光できるようにした。

北側からも採光は十分可能です。ただしあまり大きな窓にすると冬場は寒いです。

(愛知県・アン友さん・男性)

南側に大きな窓をつけ昼間は電気をつけなくていいように、キッチンも東側に配置し朝陽が入るよう窓を設置し、部屋の四方に風が通るよう窓を配置した。

(愛媛県・エルマーさん・女性)

夏の日差し、冬の日差しの角度から計算し、窓の大きさや位置、軒について検討した。

(大阪府・きっくんさん・女性)

部屋が暗くならないように、でも天窓はつけない方向だったので大きめの窓を採用してもらった。通りや近所からの視線は気にしなくてもよい場所なのでこちらからの眺めを重視した。

(岩手県・Mママさん・女性)

リビングは大きな窓(ペアガラス)を選びました。

(京都府・おあじさん・男性)

採光については、できる範囲で大きな窓(ペアガラス)を取り入れる。

(栃木県・たろりさん・女性)

明るい家がよかったので、ハウスメーカーの提案より大きい窓を多くつくりました(ペアガラス)。

(長野県・さくらんぼさん・女性)

窓について検討したこと「採光」のために「風通し」のために「断熱」のために「防犯」のために「デザイン」のために「近隣からの視線」のために「防音」のためにそのほか暮らしてからわかったこと風通しについて庇の重要性天窓に日除けを隣家との関係猛暑対策家具との関係
 
 

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2010年9月29日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----