PromotionHome雉驥題ィ育判蝨溷慍謗「縺讌ュ閠驕ク縺ウ讒矩繝サ蟒コ譚險ュ蛯髢灘叙繧繧、繝ウ繝繝ェ繧「繝サ蜿守エ繧ィ繧ッ繧ケ繝繝ェ繧「繝サ蠎ュ譖エ譁ー螻・豁エ

髢峨§繧

螟ェ髯ス蜈臥匱髮サ

譖ク譁弱サ螳カ莠句ョ、

螟門」√サ螻区ケ

蟄舌←繧るΚ螻

豢鈴擇螳、繝サ繝医う繝ャ繝サ繝舌せ

蟇晏ョ、

繝吶Λ繝ウ繝繝舌Ν繧ウ繝九シ

邇髢「繝サ繧「繝励Ο繝シ繝

繝ェ繝薙Φ繧ー

辣ァ譏

髫取ョオ

阮ェ繧ケ繝医シ繝厄シ域囑謌ソシ

繝繧、繝九Φ繧ー

繧ュ繝繝√Φシ医ヱ繝ウ繝医Μ繝シシ

繧ャ繝ャ繝シ繧クシ医き繝シ繧ケ繝壹シ繧ケシ

ホーム業者選び イエマガサポーター発クチコミ特集住宅展示場&見学会でのチェックポイントは?ああああああ〜あああああ〜

Q7. 住宅展示場、現場見学会での体験談または失敗談をどうぞ!
100戸近い建て売り物件を見ました。間取りもいただいて、それぞれの家の気に入った部分を自分が家を設計するときに役立てられるように、アイデアとしてストックしています。(神奈川県 kathyさん 女性)
展示場は、家の選定からハウスメーカーが決まってからは、インテリアの参考などでよく足を運びました。
逆に足を運ぶことを恥ずかしがらずに行った方がいいと思います。
うちは外壁の色のことで何度も同じ展示場を毎週のように見にいきました。(千葉県 みちかまんさん 女性)
展示場の物件は、見栄えが良すぎ。それをそのまま採用すると、とんでもない金額の見積もりになったり……。あまり期待を抱きすぎず、冷静に見るのが得策かと。(北海道 じゅなさん 男性)
営業の人との話ばかりになってしまい、結局展示場を見る時間がなかったとか、ゆっくり見られなかったということにもなりかねないので、「まずは展示場をゆっくり見せてもらって、それから話を聞きます」という感じに持っていったほうがいいと思った。(石川県 したっちさん 女性)
話しかけてほしくないタイミングで話しかけられてしまったことがあり、それからほかのところに行っても逃げるように見学をする癖がついてしまった。(京都府 yamさん 男性)
ネームバリューだけで入った家が、何もかも高級で、キッチンも業務用だったり、ファミリーで住むような家でなかったりと、まったく参考にならなかった。もう少し、パンフレットなどで確認して入ればよかった。(東京都 べすっちさん 女性)
「土地もこれから探す」「家を建てる計画は今朝思いついた」という私の話は信憑性がなかったらしく、その場の話は聞いてくれるのですが、そのあとはほとんどのメーカーが音沙汰なしでした(本気だったのに!)。結局、私の夢物語を信じてお付き合いしてくださったところで建てました。(愛媛県 efさん 女性)
古い展示場もチェックのポイントです。ある展示場は築5年でしたが、壁紙が剥がれたり床がめくれていたりと、気になる点がいっぱいありました。
いくら毎日キレイにしている住宅展示場でも、こうなってしまうんだなーとつくづく思いました。(埼玉県 さかさかさん 女性)
最初、S社に相談に行ったのですが、私の年齢で3人の子供を連れて行き「60坪程度のもの」と話をしたところ、相手にしていただけませんでした。「予算的に無理だろう」と営業マンが判断したのだと思いますが、失礼な話です。
実際にほかの会社と契約しようとしていたときに、本当に60坪と聞いて、「違約金を持ちますから!」と言ってきましたが、即お断りしました。また、じっくりと間取りを検討しているときに再三押しかけられて、大変迷惑しました。(栃木県 まさたろうさん 男性)
親切に説明をしていただくと、ついつい名前と住所と電話番号を書いてしまいそうになりますが、たくさんのところから連絡が来ると、後で断るのが大変。
間取り図を引いてもらうためには、敷地調査の必要性から現地の住所を求められますが、まずは敷地の正確な形と距離のわかる図面を用意する程度で2〜3社に絞っておいたほうがいいと思います。(大阪府 レイティーさん 女性)
住宅展示場は、すべてが大きくできているように感じられます。やはり、完成したお宅を何年か使っている方に生の声を聞くのが一番いいように感じます。(神奈川県 ハルハルさん 男性)
完成見学会では、仕上げは見られるが、壁の中はわからない。構造見学会も行くと良い。それでも、押し入れの中や天井裏はまだ工事の途中で、舞台裏が見えることがある。そうすると「え、こんないい加減なの?」というのもあった。隅々までよく見ること。(茨城県 Penguin!!さん 男性)
建設途中で、どんな照明をどこに配置するかなどの重要な決定をする場合によく行きました。でも、建てている途中だったので見るポイントが違うらしく、営業の方に「建ててるでしょう?」結構つっこまれました。(愛知県 さぽさん 男性)
これから展示場や見学会に行く人へのアドバイスとしては、「展示場」では設備やデザイン、間取りなどを気にして見て、「現場見学会」では実際の家の大きさを確認することをオススメします。
土地の大きさにもよりますが、1階に複数部屋を設けると狭く感じるとか、2階リビングの家があれば、実際使いやすいのかなど、導線をよく確認することですね。(神奈川県 りきさん 男性)
 

編集後記 面倒くさがらずに、たくさん見て回ることが大切みたいですね。そういうとき、外に注目するだけでなく、ときどき自分の内側にも目を向けてみると、「ああ、私はこういう空間が好きなんだな」と気づくこともあるはずです。素材や家具選びで悩まなくてもすむように、自分の好みを確立しておくといいかもしれませんね。(スタッフS)

 

【読者アンケート】

この記事の感想




性別


 

 
前のページ 前のページ トップに戻る
 

ページ公開日:2007年4月5日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----