関東地方
1.対象 2.おすすめポイント 3.アクセス方法 4.注意すること
国立科学博物館(東京都台東区)
1家族向け。
2地球館に行くと、いつでも迫力の恐竜骨格模型を見ることができます。また、屋上にはハーブガーデンや休憩所、飲料の自動販売機があり、歩きつかれたときには助かります。庭のシロナガスクジラの全長30メートル模型も一見の価値あり。
3JR上野駅公園口から歩いて数分です。
4館内の喫茶店はいつも混んでいるので、水筒かペットボトルは持参したほうがいいです(忘れたときは地球館屋上に自販機あり)。トイレは各階にあります。(東京都 タイプTさん 男性)
横浜アンパンマンミュージアム(神奈川県横浜市)
1家族向け(小さい子がいる家庭)。
2子供が楽しめるのはもちろんのこと、アンパンマンのパン屋さんなど大人も楽しいですよ。(神奈川県 ホッシーさん 女性)
弘法山から鶴巻温泉へ(神奈川県秦野市)
1歩くのが好きな健康志向の人。
2弘法山公園から浅間山、権現山弘法山へと抜けるコースは、標高も低くて歩きやすいです。健脚な方だったら約2時間程度のコースでしょうか。帰りには鶴巻温泉の立ち寄り湯で一風呂、ん〜最高です。
3小田急線秦野駅で降りて、そこから鶴巻温泉まで一駅歩く感じですね。新宿駅から秦野まではロマンスカーが便利です。最前列の展望席はプラチナチケットです。
4夏の新緑はとても気持ちがいいのですが、春の千本桜、桜並木はとってもきれいです。登山道はかなり完備されていますが、足元はしっかりと固めていきましょう。また、山の天気は変わりやすいですから雨具も忘れずに。(神奈川県 ハルハルさん 男性)
さがみ湖ピクニックランド(神奈川県相模原市)
1家族、カップル向け。
2なんといっても、バーベキュー! 近くに川もあるので、自然の雰囲気で、子供も喜んでくれます。(神奈川県 りきさん 男性)
長瀞エリア(埼玉県秩父郡長瀞町)
1家族向け。グループ旅行もOK!
2カヤックなどの川遊びが楽しめます! 四季折々の花もきれいですし、地元のお蕎麦もとってもおいしいです。
4水辺は夕方になると急に寒くなるので、「暑い」と思い込まずに長袖の上着を持っていってくださいね。(東京都 マヒママさん 女性)
  東京ディズニーランドとディズニーシー(千葉県浦安市)
1家族向け。
2東京ベイヒルトンに泊まりました。小さな子供に、歯ブラシやパジャマの貸し出しがあったり、とても配慮があって嬉しかったです。ディズニーランドとシーは、もちろん子供に優しく、気持ちよく遊べました。シーではアリエルの所が子供は大喜び、パレードも子供には夢のような時間だったようです。
3マイカー。(神奈川県 kukukuさん 女性)
蓮沼ウォーターガーデン(千葉県山武市)
1家族向け。
2海の水を使用したプール、流れるプールに小さな子供が遊べる川のようなプール、浮き輪に乗って滑り落ちるウォータースライダー、そのほかたくさんのプールがあります。すぐお隣には蓮沼海浜公園があり、ミニSLは距離が長く、最高です。
3京葉道路から東金道路、東金インターより一般道で40分ぐらい。(東京都 ロン母ちゃんさん 女性)
 
栃木県那須の貸し別荘
1家族向け。
2安い料金で広々としたところに泊まれます。周囲は緑がいっぱいで散策するのも楽しいですよ。頼めば地元の野菜や肉を配達してくれるので、自分たちで調理することができ、家族の思い出作りに最高です。近くにりんどう湖ファミリー牧場や那須ハイランドパークなど観光スポットがたくさんあります。わが家は姉家族と親と3家族で宿泊しましたが、皆で泊まるとさらに楽しいと思います。
3家族で行くならやはり車がよいと思います。
4週末や夏休みは高速道路のみならず、観光スポット周辺の道が混むので要注意! あまり隣り合った別荘だと、他の宿泊者の騒ぐ音などが気になる場合もあるので、事前に確認したほうがよいと思います。花火をする場合も事前に確認しましょう。都会から来られる方で、虫が苦手な人は要注意。虫除け・蚊取り線香などは必須です。(群馬県 さかさかさん 女性)
草津温泉(群馬県吾妻郡草津町)
1ファミリーでも、カップルでも、のんびりゆったりしたい人。
2やっぱり「湯畑」でしょう。
3車かな。
4少し宿泊料が高くても、湯畑に近い旅館がいいよ。(愛知県 masさん 女性)
ぐんま天文台(群馬県高山村)
1家族、カップルOKです。
2夏の天の川はとてもきれいです。今年の夏は望遠鏡で木星が見られそうですよ。近くには温泉施設や、伊香保温泉があります。
3関越道伊香保インターか沼田インターから。道はインターの周辺しか混みません。
4天気が悪いとまったく楽しめません。月の明るいときもだめです。新月の前後に行くとよく見えます。数百メートルの登り階段があります。(群馬県 とっちんさん 男性)


 
前のページ 次のページ
 

ページ公開日:2007年7月5日
ページのトップへ戻る