PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム間取り サポーター発口コミ >「間取りで悩んだところ」

イエマガサポーター発口コミ「間取りで悩んだところ」 この記事のトップへ全口コミリストへ

防音室のつくり方

防音室です。
夫婦共通の趣味が楽器の演奏で、防音室を作ることが家を建てる出発点になったこともあり、相当こだわりました。

某関東の住宅メーカーに建設を依頼していましたが、間取りとかいろいろな話を進めていく中で、どうも防音について考えている内容が違う(住宅メーカーは生活騒音を抑える程度の防音工事と考えていたようで、本格的な防音工事の施工とは考えていなかった様子でした)と感じた私は、ある大手「建材メーカー」のショールームでシアタールームを見学した際に担当者に事情を説明したところ、その方が住宅メーカーに説明をして下さいました。

壁や天井の厚さ・材質、工事の施工方法に至るまで住宅メーカーの担当者に建材メーカーの方が説明していましたが、私は予めそうした施工方法の工事が住宅メーカーでできないのなら、別の専門業者を呼んで同時に工事をさせると住宅メーカーに伝えていました。住宅メーカーは他の業者が自社の工事現場に入るのを嫌ったことから、建材メーカーが指定するような本格的な防音工事を実施する旨確約しました。料金については初めから予算に組み込んでいたので、そこでは揉めませんでした。

また、防音室の出入り口の扉については、どうしても取り付けてほしい扉があったので、これも自分で扉メーカーに連絡して施工用の図面などを取り寄せて住宅メーカーに提示して、取り付けてもらいました。さらに完成後どれくらい防音がなされているかの検証実験をするように依頼したところ、住宅メーカーは建材メーカーの環境測定士を手配して下さり、一般に行われる騒音測定と実際に防音室で使用する楽器(管楽器)による騒音測定を実施して下さいました。

こうして防音室は完成しました。とにかく間取りの中でも一番悩みました。家を建てる場合、業者任せにしてしまうと後で予想と違う結果に至ることはいくらでもあるので、疑問に思ったことはその場で確認することや施主自身も家について勉強して住宅メーカーと共同して家を建てるということを肝に銘じておくことをおススメします。

(大阪府・まるちゃんさん・男性)

 ベスト3!

 各スペースで

 部屋の配置

 特別な条件で

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


 


2014年9月17日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----