PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームサポーター発口コミ >「連絡ミス・確認不足だったこと」

イエマガサポーター発口コミ「連絡ミス・確認不足だったこと」 この記事のトップへ全口コミリストへ

階段について

【確認不足だったこと】

階段手摺(仕切り)を、全て明るく開放的な「手摺子」仕様にしたのですが、上棟の確認で壁仕様になっていて、あらためて図面を見たら壁になっていました。慌てて変更してもらいましたが、設計士さんに口頭で「全て手摺子仕様で」と打ち合わせたはずが、設計士さんは一部分だけだと勘違いしていたようです。双方の確認ミスです。

(茨城県・ぱんだんさん・男性)

【確認不足だったこと】

梁や梁上の壁の位置。設計段階で縦空間の確認が漏れていたため、リビング階段の上が壁で囲われてしまう事態に。リビング階段の上は抜け感が欲しかったので壁無し、柱クロス巻で仕上げてもらいました。

【反省&アドバイス】

事前に完全に確認し切るのは、相当難しいと思います。 設計中にできることはマイホームデザイナー(3D間取り作成・住宅デザインソフト)等で、設計図を立面(パース図)にして確認漏れが無いか一つ一つチェックするくらいでした。

あとは建設中に足繁く現場に通ってこちらの考えている内容と違う内容があったらすぐに棟梁や現場監督と相談でした。 建設中にそういったことが可能な工務店かどうかも家づくりをお願いする際の基準の一つでした(上棟後に施主と大工が会話を禁じている工務店などあるようです…)。

(埼玉県・MUさん・男性)

確認不足だったところ(多かった順に)

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別


 


2015年10月14日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----