PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム設備 こだわりの設備・建材を選ぶなら「もくじ」

 
アンコール 〈後編〉「外付けブラインド」とみんなの遮熱・節電対策

外付けブラインドを実際に設置した方からの使い心地、夏場どんな風に役立っているかを伝えていただくレポート「後編」です。遮熱効果の測定…これは結構難しい作業だと思うのですが、南・東・北に面した窓辺、室外あれこれ工夫して測定いただいた結果をぜひご覧ください。

後編 「南面と西日の遮熱」中編 「遮熱の温度検証と節電」南面の窓で計ってみる (外付けブラインドの内と外の比較)

8月初旬。新しい家で初めての夏を迎えました。

さすがに日中2〜3時間、冷房をつけるようになりました。同じ街のアパートで暮らしていたときは、夏場は常に冷房をつけていました。ちゃんと対面に開口のある風通りのある間取りだったのですが、とっても暑かったんです…。
そう考えると小さい子どもがいるのであまり無理することなく冷房をつけていても、2〜3時間だけということは、以前に比べてかなり節電になっていると思います。

後編の今回は実験レポートを…ということで、アパート時代とは違い、現在はオール電化なので、電気料金への外付けブラインドの効果は計れませんが、設置した場所の「内側・外側」の温度差から遮熱効果を計ってみたいと思います。

まずは南の庭に面した掃き出し窓の前から…

日中の南窓に太陽が一番あたる時間帯の2時間で、平均5.5℃以上の差がありました。それにしても外の気温が高い!一番高い時間で40℃を超えています。でもこの最高温度41℃の時も室内側は33℃です。この温度差も、室内温度が1日中変化が少ないことからも、日射カット(外断熱効果)がうかがえます。エアコンの節電効果も期待できます。

そのかわり、夜になると外気のほうが涼しくなって数値が逆転していまいます。なにかセキュリティ対策があるなら夜は全開にしてもいいかもしれません(わが家は降ろしたままで風を通しています)。

しかし、もしかしたら、外付けブラインドがなくても、室内外の温度差はこれぐらいあるのでは?という疑問も湧いてきます…ということで、次は2階に付けた外付けブラインドの前で実験です。 この部屋は東側には外付けブラインド(手動式)を付けた窓と新築時には設置せず、いずれ付けようと思っている窓が北面にあります。

東(外付けブラインド有)と北(なし)の窓で比較する

この測定は、北面にも外付けブラインドが本当に必要かどうか検討するいい材料になりそうです。上記測定日と同じく暑い日に再度、2階の窓辺で測定しました。

この距離で朝の2時間で平均3℃も温度差が!

こちらの結果は朝日が差し込む時間帯が最高気温に。朝の気温がきになったので、気象庁発表の周辺地域の気温と比べてみました(点線)。やっぱり、外は涼しい時間帯です。

太陽が当たっていると、熱が室内に伝わって気温よりもこんなに高くなるんですね。太陽光が直撃している時間のこれだけの温度上昇を考えると、ルーバーの角度が大切だということがよくわかりました。

ビルに設置されている外付けブラインドには太陽の向きに合わせてルーバーの角度をコンピューター制御している物もありますが、 かなり節電に役立っているのだろうなぁとこの結果を見て思いました。ただ、わが家では、遮熱しながら風も通したい…と思うので、今後いろいろな角度で実験してみたいと思います。

そして、北側の窓だから必要ないかも…とも思っていましたが、早速この窓分も見積もりをとろうと思います(笑)。

測定レポート、いかがでしたでしょうか?
緑のカーテンも人気ですが、外からの遮熱機能のある設備に興味のある方の参考になれば幸いです。2回にわたり、お読みいただき、ありがとうございました。

外付けブラインドについてはこちら オイレスECO株式会社 http://www.sunshady.com/

書き手:Fさん
30代男性。奥さまは美容師で、子どもの出産を控え、戸建ての新築を決意。夫婦ふたりの要望を取り入れるために、50坪以上の土地を滋賀県内で探しました。 わが家にぴったりの家を建ててくれるハウスメーカーや工務店を探して実現した、自然素材にこだわった使ったエコ住宅です。

外付けブラインド以外の わが家のエコ仕様 外付けブラインド以外
将来、購入予定のもの
24時間蓄熱暖房機/家に来た人によく使い道を訪ねられる少し高めのデスクのような棚。この中に蓄熱暖房を置く予定です。
太陽光発電/南向きの屋根は、太陽光発電には好条件。新築では、購入しませんでしたが、いつかは…。将来購入するという話を事前に工務店にも伝えて設計してもらいました。 実現するころには住宅内に蓄電できるシステムが一般化していると、さらにいいのですが…。
イエマガ・サポーターに聞きました。 「あなたの家の遮熱対策は?」
 遮光ガラス

一番使用頻度の高いリビングダイニングはLED照明にしています。

(山口県/おさおけさん/女性)

本当は白熱灯の色味が好きなのですが、蛍光灯の方が電気代も安くてエコなので、蛍光灯(白熱色)を取り付けました。
また、昨年からはリビングや子ども部屋等の蛍光灯をLEDに変えました。

(神奈川県/ちこりさん/女性)

長時間点灯している明かりはLEDに、短時間点灯する明かりは蛍光灯にして普通の白熱灯を除きました (デザイン上、全て白熱灯仕様です)。
そのほかには、高気密住宅にして全館空調ですので、個別に冷暖房をするより節電になっている上、快適です。

このライト、同じ明るさで白熱灯なら900W、LEDなら90Wです。

(三重県/solobluさん/女性)

照明は、蛍光灯、LEDにして、ダウンライトや白熱灯のような電気を食ってかつ熱くなるものを取り除いた。

(栃木県/ツッカーノさん/男性)

家の電球をLEDに交換しました。やっぱり、リビングの電気代はバカになりませんからね。
電気代は約半分になっています。長持ちするとのことで、効果を期待しています。明るさも以前とあまり変りません。

(宮城県/ベアーズさん/男性)

壁掛け扇風機

エアコン利用をへらすため、あちこちに壁掛け扇風機設置を前提にコンセントも配置しました。計5か所壁掛け扇風機設置してます。
昨夏はほとんど扇風機のみでOKでした。普通の扇風機と違って邪魔にならないし、小さい子供がいるなら安全面でもすぐれている。

(東京都/耀穂さん/男性)

高断熱材

全ての窓をダブルガラスにしたことと、断熱材を通常のおよそ2倍に増やしたこと。 断熱、保温の効果を期待したため。
間取りが違うので何ともいえないが、以前の住居と比べてエアコンの利きが格段に良い。

(大阪府/TKさん/男性)

オーニング

外張り断熱を採用。高気密の外張り断熱の住宅では、それに即した暮らし方が必要だとわかった。
夏に暑さをしのごうと窓を開け放して風を入れるのはNG、室内が熱気で温まってしまうとエアコンをつけてもなかなか冷めない。
暑い時間帯は窓をしっかり閉め、緑のカーテンなどで直射日光を遮り、エアコンを弱く運転して屋内の温度を上げないようにすることが大切。

以前の家では居間は冷房していても家の中に40℃近くになる場所があってそれは我慢するしかなかったが、今はそれほど暑い場所はない。電気料金はそう安くなってはいないが、家全体をカバーできるから効率は上がったと思う。

(東京都/Martaさん/女性)

外付けブラインドサンシャディSUNSHADAY家に設置された実例を ご覧になりたい方はこちら

設置後の感想や使い心地を掲載。

外付けブラインドの特長と開閉等の仕組みについて詳しく知りたい方は下記のページをご覧ください。

「特長」と「映像ダイジェスト」はこちら「省エネ効果」はこちら「製品一覧」はこちらオイレスECO株式会社
前回の連載
前編 「外に付けるブラインド?」 中編 「大きな窓の通風と遮熱」 後編 「節電と次世代省エネ」


【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2012年8月29日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----