PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム建築用語集 > 内法(うちのり)

みんなでつくる建築用語集

内法(うちのり)

壁と壁、あるいは部材と部材の間の有効寸法のこと。建物の有効面積を算出する際には、壁の厚みを考慮せず内側と内側を測った内法寸法で計算する。また、敷居(しきい)から鴨居(かもい)までの高さのことを内法高(うちのりだか)という。内法に対して壁や柱の中心から中心までの寸法を壁芯と呼ぶ。
内法の説明を追加

※この用語(内法)にあなたの説明を追加できます。



一覧に戻る
索引
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 A〜Z


ページのトップへ戻る