PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム建築用語集 > 尺貫法(しゃっかんほう)

みんなでつくる建築用語集

尺貫法(しゃっかんほう)

長さの単位を尺、容積の単位を升、質量の単位を貫とする日本古来からの度量衡法のこと。1966年計量法により廃止、取引、証明においてはメートル法の使用が定められたが、建築においては尺貫法とメ−トル法とが混在して使われている。(例)1尺=約303mm、1寸=約30.3mm、1間=6尺=約1800mm、1丈=10尺=約3030mm、1町=約60間約109m(距離の単位)1町=約99r(面積の単位でもある)1坪=1間(6尺)四方約3.3平方メートル(面積の単位)
尺貫法の説明を追加

※この用語(尺貫法)にあなたの説明を追加できます。



一覧に戻る
索引
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 A〜Z


ページのトップへ戻る