PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 晴れの日も雨の日も〜花と緑のある暮らし〜第5回 あなたの家にはありますか?花と緑を楽しめる場所


第5回 あなたの家にはありますか? 花と緑を楽しめる場所
座談会に参加してどう変わった?
スタッフS 今年1月にスタートした「ガーデニング座談会」も、いよいよ最終回を迎えることになりました。今回は、これまでの感想や現状報告などを発表しながら、今後の楽しみ方について田上さんにアドバイスをいただきたいと思います。
スタッフT 僕は最初、ガーデニングへの憧れはあったんだけど、育てる自信はまったくなかったんです。何から始めればいいのかわからなかったというのもあります。でも座談会を始めて、だんだん自分の理想を見極めればいいということがわかってきた。理想が高すぎると難しいので、まずはご近所の庭とか、身近な理想や憧れを目標にすればいいんじゃないかと思うようになりました。
それから最近は、街角の花屋さんで花を見ると、置き場所や置き方を考えるようになりました。雑貨などの小物類にも目を留めるようになりましたね。それまでは、雑貨の使い方がまったく想像できなくて、楽しげに雑貨を購入する女性を見ると不思議でしかたなかったんですけど、花との組み合わせを考えるようになって、ようやく少し理解できるようになってきたかな(笑)。
ワイルドトマト私はこの座談会が始まってから、純粋に草花が好きになりました。花の名前も覚えるようになりましたし。
最初、部屋には観葉植物ひとつしか置いてなかったんですけど、今はハーブが5鉢、ワイルドトマトが1鉢、サボテンが1鉢、合計8鉢もあります。まだ気に入った植木鉢を見つけられなくて、黒いビニールポットのまま、発砲スチロールの受け皿に置いたままなんですけど、ハーブの葉をちぎってハーブティーにしたり、パスタに入れたりして楽しんでいます。
ワイルドトマト(写真)は、まだ豆粒くらいの大きさなのですが、毎日少しずつ大きくなっているので、毎朝水をやるのがとても楽しみになりました。ユーカリは防虫作用があるらしいので、育った枝を切って、逆さまにしてドライフラワーにしたものを洋服たんすの中に入れています。これはお店の人に教えてもらいました。
 
前のページ 次のページ

 

 


花と緑のある暮らし トップに戻る
バックナンバー
第5回 あなたの家にはありますか? 花と緑を楽しめる場所
第4回 害虫から植物を守るには…
第3回 季節ごとのガーデニング計画を立てよう
第2回 どんな場所でも、ガーデニングを楽しむ方法はあります!
第1回 ガーデニングって、ほんとはもっと楽しいんじゃない?

田上哲也

有限会社JIBURU代表。
内閣府認証NPO法人JTDNA理事。

昭和47年、自然豊かな和歌山県生まれ。高校卒業後、宮崎県の南九州大学造園学科で敷地計画・環境計画や企画立案実行を学ぶ。
現在は、京都の老舗造園会社や地元の園芸店と提携し、安全対策・PL対策のできるガーデナーとして屋上緑化や店舗ディスプレイ(坪庭)などをプロデュース。「子供たちによき環境をデザインする――それが私の使命です」。兵庫県西宮市在住。

 

 



ページ公開日:2007年6月28日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----