PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 > 季節のお庭だより 第2章

毎月、ヒナさんから届くおうちのお庭と季節のお花のおたより。第2章からガーデニングのプロからお返事が届くことになりました・・・。お花やお庭についての往復書簡をお楽しみください♪
季節のお庭だより第2章
3月29日 fromガーデニングのプロフェッショナル ガーデニングのプロフェッショナル

春は桜と共に

ひなさん、こんにちは。春爛漫、ヒナさんのお庭も春一色といったところでしょうか。

こうしてヒナさんと往復書簡でやり取りをさせて頂いて、もう3年ほどになるんですね。ヒナさんの和の庭で歳月をかけ溶け込むように育まれた草花の成長を伺いながら、私もできる限り正確な情報をという思いで改めて勉強させて頂きつつ、お伝えしてきました。

月に一度のやり取りでしたから季節が巡ってくるのもあっという間のような感じで、そして今年もまた桜の季節が巡ってきましたね。日本の年度は4月始まりなので春は桜の花と共に新しい人生や生活の転機を迎える季節でもあります。校庭に植えられていることも多い桜は入学や就職などを彩る花、というイメージも強いと思います。そこで今回は『季節のお庭便り』の最終回でもありますし、転機を彩る桜をテーマに私も大好きな桜について、マメ知識的なお話をしたいと思います。

執筆者:みかんさんの
プロフィール

山間の園芸店「Orange Berry」に勤めてほぼ10年。
もともとはガーデニング教室に通って趣味の園芸をしていたのですが、趣味が高じて、とはまさにこのことで、今では立派?に園芸がライフワークになってしまいました。

職業訓練校のガーデンサービス科で非常勤講師もしています。 慌しい毎日ですが、うさぎ店長としてお店にやってきたみかんに癒してもらっています。

英国王立園芸協会認定
ハンギングバスケットマスター
エクステリアプランナー
造園施工管理技師

以前の「季節のお庭だより」第2章のバックナンバー

平安時代の昔から『サクラを愛でる』という心が日本人の遺伝子に組み込まれているというのを聞いたことがあります。白ウサギのようなユキヤナギが飛び跳ね、蝶が舞っているかのような菜の花やレンギョウの黄色が薄紅色した綿雲のような桜を見事に演出してくれます。春を告げる花はいろいろありますが、桜ほど私たち日本人の心を浮き立たせまた、和ませてくれる花は他にないような気がします。

サクラはバラ科サクラ属に分類される落葉樹ですが、古くから花を楽しむための品種改良が盛んで多くの園芸品種が作られてきました。中でも江戸時代末期から明治にかけて江戸の染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木職人らによって育成された【ソメイヨシノ】が日本で最も多く植えられた品種です。【ソメイヨシノ】は、交配原種の一方である【エドヒガン】と同じく満開時には花だけが密生して樹全体を覆い、もう一方の親である【オオシマザクラ】の大きくて整った花形を併せ持っています。

【ソメイヨシノ】同士では結実の可能性が劣り種子では増えないため、クローン栽培といって殆どが人の手によって接木で増やされたものです。そのため株ごとのバラつきが無いので同じ地域で一斉に開花し、一斉に花を散らすのです。一週間ほどで儚く散ってしまうというのも却って桜が愛される所以かもしれませんね。

TVなどで桜の開花予想の『桜前線』や開花、満開の話題が報道されるのは、世界から見ても珍しいようです。日本人の桜好きがよくわかりますね。開花予想の標本木となる桜はやはり最も多い【ソメイヨシノ】が殆どで、その開花が基準となるようです。『桜前線』は例年3月下旬に九州から始まり、徐々に北上して5月上旬に北海道に至るというように国内でも地域差が一ヶ月以上にまたがります。
そのため古来より桜の開花は農耕作業の目安にもされてきました。各地に『田植え桜』や『種蒔き桜』と呼ばれる木があったようです。暦や気温よりも植物の開花時期が最も的確な季節の判断基準となることを、昔の人々は経験から判っていたのでしょうね。


日本全国で見てもそうですが、私の身近な場所でも桜の美しい場所と言えば西宮市の夙川や芦屋市の芦屋川、神戸市の住吉川・生田川など川岸に桜が多く植えられていて、何れもお花見の名所になっています。

江戸時代に河川の整備に伴って、護岸と美観のため植栽する樹木は桜でなくてはならない理由がありました。それは、お花見に訪れるたくさんの人々が川岸を歩くことで地面を踏み固めて貰うことが当初の目的だったとか。護岸技術が現代ほどではなかった時代、どなたのアイデアだったのでしょうね。

最後にヒナさんに感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。5年に渡り(その間、私とは3年ですね)お疲れ様でした。私の拙い文章に暖かくお付き合いくださったヒナさんをはじめ、イエマガ読者の皆様、編集部の方々、3年間本当にありがとうございました。
みなさんの植物に関するハテナ?に少しでもお役に立てたとしたら幸いです。



ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----