PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 > 季節のお庭だより 第2章

毎月、ヒナさんから届くおうちのお庭と季節のお花のおたより。第2章からガーデニングのプロからお返事が届くことになりました・・・。お花やお庭についての往復書簡をお楽しみください♪
季節のお庭だより第2章
10月27日 fromガーデニングのプロフェッショナル ガーデニングのプロフェッショナル

剪定・切戻しをする効果

山の花屋はようやく秋が深まりつつあります。ヒナさんのお庭も秋の風情が感じられるご様子。こむぎちゃん(君かしら?)がヒナさんの側ではしゃいでいる姿を思い浮かべています。 今回はヒナさんの『ドキドキもんの切戻し』を解消するべく、剪定(切戻し)について少し掘り下げてお話したいと思います。

植物を育てるからには、こんもりと良く茂り、花や実がたくさん付いて欲しいと誰しも思いますよね。ところが、『園芸店で買ってきた苗を植えてみたけれど、ひょろひょろと上に伸びるばかりで花もちらほらとしか咲かないんだけど…』といったお客様の声をしばしば耳にします。

樹木も草花もともに、枝や茎を切る剪定という作業をせずに『買ってきて、植えて、水を遣るだけ』では思ったようには育ちません。いったいどんな場合やタイミングで、どういう目的と効果を期待して剪定すれば良いのでしょう。

植物の多くは【頂芽優勢】といって枝や茎の先端部分(頂芽・心という)ほど勢い良く伸び、株の下のほう(側芽・腋芽)から芽が出にくい性質をもっています。それは頂芽から側芽の発育を抑える物質が降りてくるためといわれています。

執筆者:みかんさんの
プロフィール

山間の園芸店「Orange Berry」に勤めてほぼ10年。もともとはガーデニング教室に通って趣味の園芸をしていたのですが、趣味が高じて、とはまさにこのことで、今では立派?に園芸がライフワークになってしまいました。

職業訓練校のガーデンサービス科で非常勤講師もしています。 慌しい毎日ですが、うさぎ店長としてお店にやってきたみかんに癒してもらっています。

英国王立園芸協会認定
ハンギングバスケットマスター
エクステリアプランナー
造園施工管理技師

以前の「季節のお庭だより」第2章のバックナンバー

剪定をせずにそのままにしておくと枝や茎の先端だけがどんどん伸びてしまいます。いっこうに枝や茎が発生せず分枝の少ない株に育ってしまうのは、この植物の成長ホルモン(オーキシンなど)の働きです。
そこで、こんもりと枝や茎を茂らせ花数、実数を多くしたい場合、頂部の芽を摘み取る【摘心】をすることで摘んだ個所のすぐ下にある葉の付け根の芽(側芽)が新しい頂芽となり、伸びて分枝が進みこんもりと茂るようになります。それぞれの枝や茎に花が付くので結果的に花数、実数も多くなるというわけです。

生垣を刈り込む作業も形を整えるだけでなく、同時に頂芽を切り詰めることで側芽をたくさん出して枝葉を密にする効果があります。

パンジーやビオラを『切り戻して大きく育てる』というのも、この頂芽優勢という植物の性質を逆に利用して摘心することで側芽の成長を促すので1株が3株分にもなるわけです。

但し、気温が下がると共に株自体の成長が緩慢になるので、多く分枝させたい場合は日中の気温が暖かいと感じる9月下旬から10月中旬くらいまでの生育旺盛なタイミングを外さないようにしましょう。

頂芽優勢とは・・・上のほうは成長しやすい。下のほうからは芽がでにくい。摘心(剪定・切り戻し)をすると・・・下のほうの芽が先端になり、成長しやすくなる。結果、こんもり 大きく育ちます。夏の草花も・・・夏の間咲き続けた花も、切り戻すと弱った株が栄養を吸収できるようになります。ペチュニアベゴニア樹木も・・・根の負担を減らすために枝を落とします。きれいに剪定された樹木

先月の9月26日に切り戻したビオラのバスケット。1月でこんなに大きくなりました。

7月下旬から8月上旬、夏バテ状態の植物を回復させるのも切戻しという剪定です。

ヒナさんが育てられた夏の草花でミリオンベルやペチュニア、ベゴニアなど、長い期間休みなく開花するものは次第に株の力が衰えてきます。夏の猛暑で根の働きも弱まり、土中の栄養分もうまく吸収できなくなってきます。そして病害虫に対する抵抗力も落ち、被害に遭いやすくなった株はいっそう衰弱します。

そこで咲き疲れた地上部を思い切って短く切り詰め、葉の数を減らすと水分の蒸散を抑えることができるので、いったん根にかかる負担を軽減することができます。このとき殺虫剤などを散布し、速効性の液体肥料を追肥してお疲れ株の体力を回復してやります。

樹木の場合も同じで根の働きが衰えたと感じたら適期に枝を切り詰めたり、枝透かしして根の負担を軽くしてやります。移植をするときに切除した根の量に比例して枝葉を減らしてやるのもそういった理由です。

暑い夏を乗り切ったヒナさんのミリオンベルは、そろそろ冬越しのための切戻しをしてください。できるだけコンパクトに切り詰める方が春先の草姿としては見栄えが良いのですが、冬の間も光合成ができるように必ず葉を残して切ることがポイントです。

倉敷は温暖な気候のようなので、水の管理がうまくできればよほどの寒さに当てない限り大丈夫です。来春のヒナさんのミリオンベル、楽しみにしています。

 





野すみれ



【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2012年10月24日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----