PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 > 季節のお庭だより 第2章

毎月、ヒナさんから届くおうちのお庭と季節のお花のおたより。第2章からガーデニングのプロからお返事が届くことになりました・・・。お花やお庭についての往復書簡をお楽しみください♪
季節のお庭だより第2章
8月22日/ガーデニングが大好きな主婦 ガーデニングが大好きな主婦

小さな秋

みかん店長こんにちは。ここ倉敷では、朝晩は涼しくなりましたが、依然日中は強い日差しが照りつけています。今年は秋の訪れが少し遅いように感じます。宿根サルビアのお話、興味深く拝見しました。

サルビア・スプレンデンスも元々は宿根だったのですね。霜が降りるころに葉が傷んで枯れてしまい、翌年も地面から現れることがないので、一年草だと思っていました。初夏に植えた紫のスプレンデンスは、少々お疲れ気味で休憩中です。もう少し涼しくなったら復活するのではないかと楽しみにしています。

執筆者:ヒナさんの
    プロフィール

東京育ちの私が、白壁の町として知られている倉敷に嫁いできたのが32年前。子供は一男一女、三十路の息子と夫との3人暮らし。娘は仕事の関係で離れて暮らしていますが、時々帰って来ます。毎日が理系人間の男2人との空虚な生活。天然混じりの私のおしゃべりを嫌がらずに聞いてくれる娘の帰宅が、最近の私の楽しみになっています。

第2章のバックナンバー以前の「季節のお庭だより」

そして赤花も夏前に仲間入りしました。地域活動の一環で、サルビアを子供の通る道から見えるところに植えるように頼まれ、いただいた5株をプランターに植えました。今のところ紫花より元気です。こちらも涼しくなったら株が充実して花をたくさん咲かせるのではないかと期待しています。

私が子供の時に、花好きだった母が赤いサルビアを見事に咲かせたことがあります。秋の日に真っ赤に映えたサルビアを今でもはっきり覚えています。あの時のように上手に育てたいとずっと思っていますが、現実は甘くありません。スプレンデンスを上手に育てるコツや、一番きれいな季節を教えていただけたら嬉しいです。
その他の宿根サルビアも我が家にいくつかあります。メドーセージは9月になって再び花が咲き始めました。アメジストセージは大鉢で育てていますが、根詰まり気味なのか昨年はあまり見事に咲きませんでした。地植えにした方が良いのかと思案中です。ファリナセアも大好きな花です。


我が家のガーデニングは、この時期は移行期でニューフェースはありません。今月のhanaさんとの作業は、草取りや掃除、植物が枯れてしまった鉢の片付けが主な仕事です。夏の間は暑くてできなかった庭仕事、ついつい溜めてしまった作業がけっこうあります。今日は夏野菜の枯れ枝などを整理しました。

庭の見栄えをなんとか保ってくれているのは、グラス類や観葉植物などです。昨年まで室内で育てていた折り鶴ランは樫の根元でこの季節の彩りになっています。庭に埋めた石臼の横ではヤブランの花が咲いています。大鉢に植え替えたベアグラスも庭の中心で風に揺れています。

季節を感じさせてくれるものは、ムスカリの芽や、こぼれ種から発芽した冬しらずの小さな花です。5月に苗を植えたミニイチジクも小さな実をつけています。今年は生らないと思っていたのに、まさかの出来事です。

9月の庭の様子/時期が遅いですが、夏野菜の整理をしました。 空いたプランターには様子を見てルッコラの種撒きなどをします。10年以上同じ鉢で育てた折り鶴ラン、一回り大きな鉢に植え替えたら見事に育ちました。自然に庭にあるヤブラン、あまり注目したことがありませんが、よく見るときれいな花です。ムスカリの芽、今年も忘れずに出てきました。雑草の芽かと思っていたら、冬しらずの花が咲きました。抜いてしまわなくて良かった・・・。再び咲き始めたクレマチス、赤いチューリップ型の花が夏日に映えています。
小さな苗を植えたミニイチジク、どのくらいの大きさに育つのでしょうか?

まさかと言えば、ストレプトカーパス・サクソルムがまだ暑い8月に開花しました。咲いたのは2輪ほどですが、春には咲かず夏前に植え替えたばかりなのに驚きました。その後少し疲れが見えて葉が巻き気味になっています。

8月に2輪だけ開花したストレプトカーパスです。9月になって、葉が弱り加減です。

花が咲いたのは危機感を感じたせいでしょうか?気を付けていたはずですが、また水の遣り過ぎ?昨年枯らしてしまった白花は挿し芽から育てた苗が充実してきています。

まだ暑さの残る瀬戸内ですが、植物の状態に一喜一憂しながら小さな秋を楽しんでいます。

 





野すみれ



【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2012年9月19日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----