PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 > 季節のお庭だより 第2章

毎月、ヒナさんから届くおうちのお庭と季節のお花のおたより。第2章からガーデニングのプロからお返事が届くことになりました・・・。お花やお庭についての往復書簡をお楽しみください♪
季節のお庭だより第2章
6月 13日/ガーデニングが大好きな主婦 ガーデニングが大好きな主婦

庭のレスキュー

みかん店長こんにちは。パッションフルーツの詳しい情報とゴーヤの育て方をありがとうございました。あれからすぐに、よく行くスーパーマーケットの園芸コーナーで、偶然にもパッションフルーツに出会いました。若い苗なので、今年は実が食べられないかもしれません(本当は食べたい)。

執筆者:ヒナさんの
    プロフィール

東京育ちの私が、白壁の町として知られている倉敷に嫁いできたのが32年前。子供は一男一女、三十路の息子と夫との3人暮らし。娘は仕事の関係で離れて暮らしていますが、時々帰って来ます。毎日が理系人間の男2人との空虚な生活。天然混じりの私のおしゃべりを嫌がらずに聞いてくれる娘の帰宅が、最近の私の楽しみになっています。

以前の「季節のお庭だより」第2章のバックナンバー
今年の緑のカーテンはいつものゴーヤに加えてパッションフルーツが加わりました。果実はもちろんですが、花も楽しみです。

昨年までゴーヤはプランターで育てていました。でも成長旺盛なゴーヤは水遣りや追肥が大変!

そして葉の茂り具合も、実の大きさも、地植えには勝てません。今年の緑のカーテンは地植えにしようと以前から考えていました。今までプランターを置いていた場所にレンガで花壇を作り、ゴーヤとパッションフルーツを植えました。すぐ前にある雪柳はさっぱりと剪定して日照を確保しました。思惑どおりに育ってくれると良いのですが…。

もうすぐ梅雨がやってきますが、今のところ毎日良いお天気でさわやかな日が続いています。今年は汗ばむ日でも湿度が低く、庭仕事がはかどるような気がします。庭の手入れはすればするほど、あちらこちらの不具合などが目につき、いくらでも仕事が増えます。でも庭が片付くと、お気に入りの花達の見栄えがアップします。

順調に育っているものがほとんどですが、具合の悪いものもあります。明治時代からこの庭にある樫の木(以前に紹介した)は庭の中では大木です。

5〜6月の庭の様子/青系のミニバラ、大人の渋さが気に入っています。ほのかな香りも好きです。ツルバラのコレッタ、サーモンピンクで形も可愛い♪今年もバロン・ジロ・ドゥランが咲きました。例年より少し小ぶりの花でした。バリエガータ・ディ・ボローニャ、ピンクに赤の斑がやっぱりきれいです。みかん店長のアドバイス通りに育てたフランネルフラワー・フェアリーホワイトが可愛く咲き始めました。 根元に葉が少ないので、アメリカンブルーとアリッサムを手前に寄せ植えしました。今年はラムズイヤーが一際きれいです。気候のせいでしょうか?
我が家の樫の木おじさん、とうとう大きな穴が貫通してしまいました。

それが幹の中心が傷み始めました。傷んでいるせいで、虫にも喰われて痛々しい状態です。これは今治療しないと大変なことになります。以前からこの木の事を気にしてくれていた庭師さんに依頼して施術をしました。

傷んでしまった場所は削り取り、枯れた枝も落とし、虫が開けた穴をコーキングで塞ぎました。削った幹はそれ以上傷まないように殺菌効果のある接着剤のようなものを塗りコーティング。

これで暫く様子を見ることにしました。傷みが収まると幹が盛り上がり、大穴が塞がっていくそうです。今は木の力を信じるしかありません。

我が家の樫の木おじさん、とうとう大きな穴が貫通してしまいました。

もう一つの不具合はブルーベリーです。植え替えて2シーズン目、4つあった鉢の内一つは昨年原因不明で枯れてしまいました。残った3鉢の内2鉢の葉の色が緑にならないのが今回の悩みです。葉の数も多いとは言えません。

木陰に置いていたので、日照不足かと陽当たりに出してもあまり効果がありません。栄養不足かと思い、ハイポネックスの液肥500倍に、木酢液10ccほどを混ぜて週に1度今までに3回施しました。

1つの鉢は2回目くらいから葉脈から徐々に緑になり、葉色もクリーム色から濃い黄色になってきました。もう一つの方は若干の改善しか見受けられません。そして、弱々しい実が付いています。

土のpHの加減もあるかも?と言うhanaさんの意見を取り入れ、鉢土の上にピートモスを置きました。改善の見られない方は、実を全部外し思い切ってピートモス+鹿沼土+少量の牛糞で植え替えをしました。これで快復してくれれば嬉しいのですが…。
ガーデニングは一言で言えない程いろんなことが起こります。植物を愛し根気よく向き合うことが、庭との付き合い方だと痛感しています。

葉色がクリーム色のブルーベリーは実を外して植え替えました。右側の緑の葉のブルーベリーは1鉢だけ問題なく育っています。葉色が少し快復してきたブルーベリー、丸くてかわいい果実はそのまま育てています。




野すみれ



【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2012年6月13日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----