PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 > 季節のお庭だより 第2章

毎月、ヒナさんから届くおうちのお庭と季節のお花のおたより。第2章からガーデニングのプロからお返事が届くことになりました・・・。お花やお庭についての往復書簡をお楽しみください♪
季節のお庭だより第2章
6月9日fromガーデニングのプロフェッショナル ガーデニングのプロフェッショナル

梅雨の病害虫対策

ヒナさん、こんにちは。
かなり念入りに庭のお手入れをされている様子、とても感心しました。土壌改良もほぼ完璧ではないでしょうか。

私たちが要請されて土壌改良をするときですが、水はけの悪い土には、パーライトや山砂、軽石、木炭などを混ぜ、逆に水はけが良すぎる場合はバーク堆肥、牛糞堆肥、腐葉土などを適量すき込むようにしています。改良材は多く入れれば良いと言うものではないので、ベースになる土によって加減して使います。

ポイント●水はけが悪い場合・・・パーライト、山砂、軽石、木炭などを混ぜる●水はけが良すぎる場合・・・バーク堆肥(樹の皮を発酵させたもの)、牛糞堆肥、腐葉土などを混ぜる

春〜秋シーズンの施肥は粒状の化成肥料を植物の根元に置くだけにしています。暖かくなるとバクテリアの活動が高まるので、堆肥や油粕などの有機系の肥料は一気に有機物が分解されガス(二酸化炭素)を大量に放出するので植物の根を痛めることになります。

執筆者:みかんさんの
     プロフィール

山間の園芸店「Orange Berry」に勤めてほぼ10年。
もともとはガーデニング教室に通って趣味の園芸をしていたのですが、趣味が高じて、とはまさにこのことで、今では立派?に園芸がライフワークになってしまいました。
最近は弊社外構部のデザイナー先生に習って、外構プランの構図、パースの勉強中です。
慌しい毎日ですが、うさぎ店長としてお店にやってきたみかんに癒してもらっています。

英国王立園芸協会認定
ハンギングバスケットマスター
エクステリアプランナー
造園施工管理技師

以前の季節のお庭だより
第2章のバックナンバー

反対に寒い時期ですとゆっくり有機物を分解してくれるので根が焼けることもありませんので、土の改良は冬にされたほうが良いですね。

さて、これからやって来る梅雨の季節、ガーデニングをされている皆さんの悩みは病害虫ですよね。病害虫に対する薬剤散布を考える前に、ヒナさんの言われるとおり病害虫を受け難く被害にあってもすぐに回復する、元気な株作りを心がけることが大切だと思います。

私たちは肥料以外に活力剤も時々使います。肥料は植物にとって私たちの食事(栄養補給)にあたり、活力剤は私たちが疲れたときに摂るビタミン等と同じ役割だと思ってください。肥料と活力剤をバランスよく使って、植物が体力をつけるようにすることが病気を寄せつけない強い株に育てる秘訣ですね。

活力剤とは・・・肥料とは区別して、活力剤、活力液などに分類されて発売されているものです。肥料分を少し含むものもありますが、アミノ酸、ビタミン類などの栄養素を植物に与えるものです。
マルチング・・・土の表面にビニールシートやワラ、腐葉土などで、隠すこと。土の乾燥や急激な温度の変化、雨の跳ね返りで茎、葉へ病菌が広がることを防ぐなどの効果があります。

環境を清潔に保つことも大切ですね。株元の落葉や咲き終わった花をそのままにしておくとカビが発生しやすくなります。こまめに取り除いて蒸れないようにしましょう。
雨で病菌の跳ね返りを防ぐために土の露出を少なくする株周囲のマルチングも有効です。


とは言っても梅雨時期の薬剤散布は欠かせません。
私たちは、植物用の木酢液を頻繁に使っています。風邪の予防に毎日の手洗いやうがいが効果的なのと同じですね。希釈したものをスプレーボトルに入れて気付いたらサッと散布できるように手近に置いておくとよいですね。

それでも病気や害虫が出てしまったらいよいよ殺菌剤や殺虫剤の出番ですね。
同じ薬剤を連続して使わず、成分の異なる薬剤を数種類用意してローテーションで使用すると、特定の薬剤の成分に抵抗力を持つ病害虫を増やさない効果があります。また、薬剤を薄めるときは規定倍率を守るようにしてください。特に木酢液は濃すぎても薄すぎても効果が期待できないようです。

もし、害虫を見つけたら、すぐに殺虫剤を散布してください。特にアブラムシは要注意です。アブラムシはすぐに退治しないと、うどん粉病やすす病、黒星病など病原菌を媒介してしまいます。

ほかにも、ハダニなど葉の裏側で活動する害虫も多いので、見かけたら下側からの散布も忘れずに。土の表面、根元への散布も有効です。

病原菌は雨の日に活発に活動するので、雨の降りそうな日に殺菌剤を散布しておくと安心ですね。雨中散布も効果的です。

梅雨の長雨は湿度と気温が高く植物にとっても嫌な季節ですが、この時期こそ手間を惜しまずお手入れすることで元気に育ち、美しい花をたくさん咲かせてくれます。

手間隙と愛情をかければかけた分だけ確実に植物は応えてくれるのですよね。 ヒナさんが言われるように、それは本当に『植物を育てる喜び』だと、私も思います。

フレンチローズ「ベル・ドゥ・セニョール」比較的病気になり難く育てやすいと言われ、最近イングリッシュローズを超える人気だとか。薔薇初心者にもお勧めです。宿根バーベナ「タビアン」バーベナはうどんこ病になり易いのですが、このタビアンは優秀です。



野すみれ



【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2010年6月9日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----