PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム間取り   >こだわりママの家づくりノート「もくじ」

屋根付きテラスを使いこなす4つのポイント

外構編も、ついに最後の回となりました。皆さんに長くお読みいただいてきたこの連載ですが、とうとうこれでわが家の内・外に至るまで、すべてのスペースをご紹介したことになります。

今後の展開については…記事の最後に。 それでは、最後のこだわり、テラスの【完成編】をご覧ください♪

出入り口は2つ

要望編でご説明したとおり、玄関から丸見えだったペレットストーブの排気管を隠すために、わが家のテラスは逆L字型のような凸凹型をしています。広さは約9畳強。リビングと和室の南側に面した配置になります。(下図参照)。

1階の間取り

それでは、実際のテラスの中へどうぞ!! 出入り口が2つありますが、理由は後ほど解説していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはこちらの(1)の扉から、お入りいただきましょう。

テラスのの1の扉を開けたところ

かなりの段差がありますので、お気をつけ下さいね。これはデッキの床を、和室小上がりの高さに合わせて基礎高+30センチほど高くしているせいなのです(詳しくは第14回「できるだけ広く見せたい和風のリビング」を参照)。

室内から見た床高を合わせることが目的でしたが、おかげでテラス周囲の塀の高さも一緒に上がることになり、外から室内の様子がほとんど見えなくなる…という効果もありました。塀と植栽が合わさって、ちょうどいい目隠しになっています。

 

 

 

子どもたちがテラスから外にでないように鍵を付ける テラスの床高を室内の小上がりと同じに

 

 

 

 

 

 

テラスを室内ように使う

テラスの素材ですが、塀部分には縦貼りの杉材、床部分には耐久性に優れたレッドシダーを使用しています。

テラスと室内を繋ぐのは、3連の大きな掃き出し窓。この窓(または障子)を開け放てば、リビング・和室・テラスがまるでひと続きになったような、開放感あふれる空間の出来上がりです。 広さといい、室内と繋がった感じといいイメージどおり♪

子どもたちのプール遊びや、家族・親族が集まってのバーベキューでも大活躍している、わが家のもうひとつの『リビング』なのです。

テラスの保護塗料はキシラデコール家族や親戚が集まって食事しても十分な広さのテラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、晴れた日の洗濯干し場としても(わが家の洗濯物干し事情は、第21回「ダイニングの室内物干しは畳む&アイロン掛けに最適を参照)。たくさんのものが一度に干せます。

テラスに設置したい干し竿掛け
付けてよかったテラスの設備【水栓】

続いて、もうひとつの出入り口(2)もご覧ください。こちらの扉を開けると……

テラス2の扉を開けたところ

このように、真正面に水栓があります!

実は当初、テラスの出入り口は(1)のみの予定だったのですが…ちょっと何かを洗うとか、ホースを引っ張って植栽の水やりをするにしても、水栓正面の塀が開いたほうが便利では?と気づきまして、(2)の位置にも出入口をつくることに。玄関側からのアクセスのしやすさを考えて、こちらの床面はテラス本体よりも低くしてもらいました。

それなら(1)の出入り口は不要なのでは?と思われるかもしれませんが、(2)の奥には掃除道具などを収納するつもりだったので、通路としては狭くなるだろうと、(1)も残しておくことにしたのです。これが大正解で、親族など大人数が集まるときには「残しておいて良かった〜!!」と思いましたね。

扉があれば水やりしやすい!洗車もしやすい!物置横のシンボルツリーの水やもできる!

 

 

付けてよかった設備【コンセント】

掃き出し窓の横には、屋外用の防水コンセントを設置しました。これがとっても便利でして、テラスでホットプレートなどの電化製品を使うときに重宝しています。

このような屋外用コンセントを、わが家ではテラスの他にもカーポートの横、南側の外壁に2カ所と、全部で4カ所に設置しています。

なぜこんなに外部コンセントを設置したのかというと、家の敷地内のどこででも高圧洗浄機を使えるようにしたかったからです。これだけあれば、外壁やコンクリート舗装の洗浄時に電源の届かない場所はないはず!!しかし、屋外のコンセントがいつでも誰でも使える状態だと、盗電が心配になってきます。

そこで、屋外用コンセントの通電は「室内で一括管理」できるように配線を組んでもらいました(右写真参照。設置場所はファミリークローゼット)。これらのスイッチをONにしているときだけ、コンセントが使えるという仕組みです。

テラスに付けた外聞コンセント 外壁に付けた外部コンセントの一括管理

日差しと雨を遮ってくれる、デッキ上の深い軒。ここには2灯の屋外用照明を設置しました。 夏の夜など、テラスで過ごしたい時には必須のアイテムですね。冬場は夜間の除雪にも役立ちました。

このように、屋外空間とはいえ、

・水栓
・コンセント
・屋根
・照明


を備えたことで、とても使いやすいテラスが完成しました♪深い軒は季節によって日差しの入り具合を調節してくれますし(夏は日陰、冬は日向になる)、これで当初からの要望はすべて叶ったので、深く満足しています。。

−−−−−−

さあ、これにて全スペースの公開完了です!!
わが家の【要望編】&【完成編】を最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。連載中にいただいた沢山のコメントも、いつも楽しみに拝見しては、心の支えにさせていただいておりました。

今後の連載についてですが…しばらくの間は、これまでに寄せられたご質問にお答えしていくことになりました!!
【Q&A編】の最初は、「失敗したと感じたところはないですか?」というご質問への回答になります(実はいくつかあります…)。

他にも何か、こだわりママへのご質問のある方がいらっしゃいましたら、下記のアンケートフォームからお送りくださいね。皆さんの参考にしていただけそうなテーマのあるものから、回答させていただきます♪

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2018年2月14日日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----