+
こんな家に住みたい「ジャングル」のある家-イエマガ

PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム設備 >「ジャングルのある」家

「造作洗面台」のある家
「ジャングル」のある家 第八回 無垢材のある家 造作洗面台のある家 第四回 石畳のある家 第二回 火のある家 第一回 屋上に庭のある家 第七回 防音室のある家 第六回 太陽光発電のある家 第三回 シンボルツリーのある家 第五回 ホームシアターのある家

お話:久保 恵子(積水ハウス 大阪デザインオフィス) さんのプロフィールはこちら

主催:まちデコール「まちデコの家」プロジェクト実行委員会

イエマガ(以下・イ):今回は趣向を変えて、住宅・インテリアの企業や店舗が参加するデザインイベント(まちデコール:大阪市)の取材レポートをお届けします。

伺ったのは、「ジャングル・スウィート」というテーマでデザインされ、普段のエレガントなスタイルから個性的でゴージャスな癒やしの空間に大変身したモデルハウス。

この家のコーディネートを担当された久保恵子さんにお話をお聞きしました。

まず、はじめにテーマについてお聞きします。どうしてこのテーマにされたのでしょうか?

久保さん(以下・久):まちデコの今年のテーマ「HOME!SWEET HOME!」に合わせてピンクの部屋、秋・冬を感じさせるものなど、ほかにも6案ほど考えていました。その中で、世界的なトレンドになっている家の中にグリーンや自然素材を取り入れるこのテーマがいいということになったんです。

イ:植物をインテリアとして使うことが流行になっているんですね。

久:流行としては、室内の暮らし方をそのまま外で体験できるような家具が、最近たくさん発売されているんです。

イ:室内の暮らし方を外で体験…具体的には?

外で室内のように過ごせるように。例えば、スペインのKETTALソファは、アウトドア家具ですが、布製のクッションが付いていて、室内の家具とほとんど違いがない。

雨に濡れる可能性のある屋外にクッションなんてもってのほかと思いがちですが、ごわごわしないとてもいい撥水の生地が発明されているのです。アウトドアの家具もどんどん室内仕様に近いさわり心地のものに変わってきています。

イ:外のテイストを中へ、中の暮らしを外へ…おもしろいですね。

久:ヨーロッパの人たちは、食事をしたり、くつろいだり、外で過ごすのが大好き。わたしたちも蚊や虫が…と思っても、実際にやってみると、とっても気持ちのいいものですよね。せっかく素敵な四季のある日本なので、その気持ちよさをもっと体験してもらいたいです。

イ:一から揃えられたこの植物やインテリアはどのように決められたのですか?

久:最初に、このオレンジのアクセント壁紙を決めました。ジャングルにピッタリの動物や鳥が描かれた壁紙です。

イ:部屋の一番目立つ位置で、これひとつでイメージが変わりますね。

久:これはボードに貼ってテレビの後ろにはめ込んでます。壁に直接、貼り付けていないので、裏側にも壁紙を貼って気分によって変える、という使い方もできますね。

この壁紙に合わせて、アクセントカラーを赤とオレンジに。猿やゴリラなどのモチーフのインテリア、植物を選んでいきました。

イ:SWEETというテーマにピッタリのかわいい動物のインテリアが目を引きます。さらに目を引くのは、部屋の中央に置かれたテーブルのお花。

熱帯を思わせる植物たちが、テーブルから生えてきているようです。

久:珍しい植物の種を中央に置いています。旅人の木という植物の種です。まわりに飾っているのはタコノキの種。いろいろな植物を咲くやこの花館(植物園)で見せていただいて、取り入れさせていただきました。

イ:種の青い色がきれい。見ているだけで楽しいですね。

イ:ほかの照明もアウトドアの雰囲気がでていますね。

久:照明も持ち運べて外と中、どちらでも使えるものやポーターブルなものが人気です。夜はキャンドル型の照明を外に並べるといいですね。

「木の実」に見立てて、植物にぶら下げているスピーカーもどこへでも持って行けて音楽が聞けるアイテムです。

イ:木にぶら下げたスピーカーから聞こえる、ジャングルの動物の鳴き声のような音響も素敵です。

これだけたくさんのグリーンを眺めていると、本当に屋外でのんびりしているような気分になります。家の中を外のように演出するコーディネート術、ありがとうございました。日当たりのいい部屋でぜひ挑戦してみようと思います。

お話:久保恵子さん
大学卒業後、積水ハウス株式会社に入社。2004年にイタリアミラノ留学のために退社。4年間、イタリアでインテリアを学び、設計施工アシスタントの職に就く。帰国後、積水ハウス 大阪デザインオフィスのインテリア・コーディネートを担当。
2016年に、雑誌「モダンリビング」が主催のコンテスト、「モダンリビング大賞」に新設されたインテリア・コーディネーター部門「スタイリング・デザイン賞」を受賞。

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



2017年10月25日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----