PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホーム構造・建材 > こんな家に住みたい。

こんな家に住みたい。
知れば、なるほど。オプションのある家
第七回 「防音室のある」家 その二 防音に使用する建材と構造・・・目的にあった建材を検討する 第五回 ホームシアターのある家 第三回 シンボルツリーのある家 第四回 石畳のある家 第一回 屋上に庭のある家 第二回 火のある家 第六回 太陽光発電のある家 第七回 防音室のある家 その一 防音の目的と防音レベル 第七回 その二 防音に使用する建材と構造 第八回 無垢材のある家 文・写真 津江大作(D.S.Pコーポレーション株式会社)音響と建物に関するコンサルティング業務、住宅については、発生する音と構造を調査し、施主が求めるレベルにあわせた防音・音響室の開発・提供を行っている。 その3 防音室の仕様と費用
隣室、外部への遮音性能をそれぞれ考える
「ピアノ&ヴァイオリン室」の要望
木造住宅で、閑静な住宅街にあります。
ピアノ教室をしますので、近隣への音漏れが心配。
それと、住居内の上下階・隣室への音漏れも気になるので、防音の性能と機能性を重視したい。

窓は塞いで、防音室への入口は防音ドア(開口部)にして、できれば、夜の11時頃まで趣味のヴァイオリンも弾けるような防音室が欲しい。今回は、実際に防音室には、どんな工事が、いくらぐらいでおこなわれるのか、ピアノ&ヴァイオリン室とホームシアタールームの施工例でご説明したいと思います。


どちらも前回に書きましたように、上下階、隣室への固定伝搬音(壁と床を伝わって広がる音)を防ぐために「ボックスイン・ボックス構法」で設計しています。
先にピアノ&ヴァイオリン室の施工例をご紹介します。

このお宅は、戸建ての一室をピアノ&ヴァイオリン室にリフォームしたいというご依頼でした。ピアノ室の設計の場合、目安として、遮音性能D−50〜55程度で、外部に小さくかすかに聞こえるレベルになります。右上に記載したお客さまからの要望を基に考えた仕様は下記の通りになります。
「ピアノ&ヴァイオリン室」完成時のイメージ
下記に掲載したQ&Aに詳しく説明していますが、新築時に、建物の建築を依頼されたハウスメーカーや工務店と打ち合わせをおこなって防音室をつくる場合は、床や天井の解体費用が必要ありませんが、今回は、2例ともリフォームのため、解体工事からはじまります。
もともとあった窓をふさいで、部屋の解体をおこないます。
「ボックス・イン・ボックス構法」の工事スタート!
天井…元の天井と音の伝搬を防ぐための
壁…天井と同じく空気層のある「遮音浮壁」をつくります。
壁…天井と同じく空気層のある「遮音浮壁」をつくります。
このほか、隣室への木製防音ドア(D30)と建具の枠、スポットライト等の照明費用、コンセントボックスの新設・移設、エアコンの設置工事、換気設備、煙感知器の移設などの費用も上記工事費用に含まれています。

仕様と費用についての質問
新築とリフォーム、防音室を新築時につくることの利点を教えてください。
新築時に防音室を造る場合の竣工までの
ながれを教えて下さい。
新築時に、予算に合わせた防音室を
プランニングしてもらえますか?

外部からの音も遮音する
「ホームシアタールーム」の仕様と費用

ホームシアタールームの希望
繁華街にあるマンションで、リラグゼーション店舗やオフィスなども入っているため、近隣に迷惑をかけず、外部からの騒音を遮断できるホームシアタールームが欲しい。

また、デザインもクールでおしゃれなものを。

こちらの「ホームシアタールーム」は、マンションの一室のリフォーム工事になります。そのため、隣だけでなく上下階への伝搬音を防いで、映像にあわせた迫力のあるサウンドを近隣に迷惑をかけず楽しむための設計(遮音性能65dB以上)が必要です。

そのほかにも、映画の臨場感を楽しめるよう外部からの騒音を防ぎ、反射音、残響音などの室内音響・音場の設定を最適に保てなければいけません。また、音響だけでなく、映像を楽しむための光の入射、明かりの環境も考えた内装・照明計画もおこないました。

「ホームシアタールーム」の遮音性能
上下階隣の家65dB以上、
開口部45〜50dBで設計

ホームシアタールームの仕様


3回にわたって、音についての基本、防音に使う吸音材、遮音材について、そして最後に施工例をご紹介しました。防音室にとって大切なことは、「どんな目的」でつくるのかということです。きちんとその目的を果たすお部屋がつくれるよう、役立てていただければと思います。




 
写真右上:床材には吸音材のグラスウール96Kg/m3を敷き詰めます。
写真上:グラスウールに弊社オリジナルの素材を加えた吸音材を壁に使用。
写真左:上記の吸音材の上に遮音材として石膏ボードを貼ったところ。最後は、漆喰塗りで仕上げています。

←第七回 「防音室のある」家 その二

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



ページ公開日:2010年11月17日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----