PromotionHome資金計画土地探し業者選び構造・建材設備間取りインテリア・収納エクステリア・庭更新履歴

閉じる

太陽光発電

書斎・家事室

外壁・屋根

子ども部屋

洗面室・トイレ・バス

寝室

ベランダバルコニー

玄関・アプローチ

リビング

照明

階段

薪ストーブ(暖房)

ダイニング

キッチン(パントリー)

ガレージ(カースペース)

ホームエクステリア・庭 > こんな家に住みたい。第三回 「シンボルツリーのある」家 その二 8種類の樹木の紹介(前編)

こんな家に住みたい。
知れば、なるほど。オプションのある家
第三回 「シンボルツリーのある」家 その二 8種類の樹木の紹介(前編) 第七回 防音室のある家 第八回 無垢材のある家 第一回 屋上に庭のある家 第二回 火のある家 第三回 シンボルツリーのある家 その一 シンボルツリーとは その二 8種類の樹木の紹介(前編) その三 8種類の樹木の紹介(後編) 第四回 石畳のある家 第五回 ホームシアターのある家 第六回 太陽光発電のある家
第三回 「シンボルツリーのある」家
文・写真:株式会社リーフユニティ 植田 健史
奈良県でカフェと大きな園芸ショップを併設したエクステリア専門店を経営。
デザインとライフスタイルを重視したエクステリアの提案・設計・施工を行う。

その2 8種類の樹木の紹介(前編) 株式会社 京阪エンジニアリング

前回絞り込んだ「シンボルツリー」のお勧めは以下の8種類でした。

常緑樹2種:シマトネリコ/ソヨゴ
落葉樹6種:ハナミズキ/ヤマボウシ/エゴノキ/カツラ/モミジ/シャラ

今回は6種類の落葉樹のうち4種類を個別に紹介します。シンボルツリーとしては常緑樹が好まれる傾向も強いですが、落葉樹は花や実、新緑、紅葉など季節感を感じさせてくれる魅力があります。

それぞれ魅力となる点が異なりますので、そこで何を決め手にするのかがシンボルツリー選びのポイントです。


「エゴノキ」咲き誇る白い花が魅力

エゴノキの見どころは、ぶら下がるように咲き誇る花。

咲く時期は5月のゴールデンウィーク明けくらいで、この花が樹いっぱいに咲いている様は素晴らしいです。

シンボルツリーを選ぶ基準は色々あって、ご紹介する樹はどれを選んでも問題ないのですが「花」を重視する場合はこのエゴノキがおススメ。

写真のエゴノキは白ですが、ピンクの花が咲く品種「ピンク・チャイム」もあります。
これまた可愛い雰囲気になります。株立ちの樹形が良く、繊細な枝なども見どころです。

大きく育ったかわいい花が満開のエゴノキ
 

エゴノキは落葉樹なので冬場は緑がなくなりますが、その姿も様になっています。
紅葉はそんなに楽しめません。

問題なのが「テッポウムシ」と言われる害虫です。この虫はカミキリムシの幼虫で、樹木の幹の内部に侵入して軸を食い散らかしてしまうのです。エゴノキは美味しいのか、コレが発生するケースがあります。
軸を食われたら木もたまりません。あっと言う間に枯死してしまいます。

対処法はただ一つ。

テッポウムシが侵入した軸からは糞として木屑が出ています。そこには1cmほどの小さな穴が開いています。それがテッポウムシ発生のサイン。

見つけしだい即その穴に殺虫剤を原液のままスポイトなどで注入してください。早期発見が肝心です。

こんなことを書くとエゴノキを敬遠されるかも知れませんが、必ず発生するわけではないので心配しすぎないようにしてくださいね。また、若い樹には入りにくいですから。

エゴノキ、株立ちです。お庭に植えた例です。

「ヤマボウシ」株立ちの樹形の美しさ

本やネット上などでヤマボウシの写真を見ると、素晴らしくキレイな花が咲く樹だ、と思いがちです。

しかし注意!

写真のように花が目一杯付く場合は少ないです。一個も花が咲かない、なんて話もよく聞きます。
花が魅力のシンボルツリーとしてはエゴノキ、ハナミズキ、シャラ、ヤマボウシとありますが、ヤマボウシは最も花付きが悪いと考えてください。

しかし、花がなくともヤマボウシには他に負けない良さがあります。

樹形です。
株立ちの樹形が美しいです。
そして樹形のよいものが多く流通していますので、手に入れやすいのです。
そして、落葉樹ですが落葉しても様になります。

花については年数を経れば付いてくることも多いですので、気長に期待しましょう。花は白で、6月ごろに咲きます。春の花が一巡する季節なので、結構目立ちます。

花付きが良いものとしてヤマボウシの中でも「ミルキーウェイ」という品種があります。
加えて葉肉が少し厚いため、葉焼けがしにくく夏場も踏ん張ってくれます。
シンボルツリーとしてはこの品種が私のイチ押しです。基本種のヤマボウシより品薄なので樹形では少し負けますが、花と葉で勝っています。

ところで「常緑ヤマボウシ」というものも存在します。結論から言うと、これはシンボルツリーとしての期待は難しいですね。

「ヒマラヤ」と「ホンコンエンシス」というものががありますが、いずれも樹形の良いものがなく、生産の方がまだまだ一本立ちが主流なため、シンボルツリーにするにはちょっと寂しい。

常緑ヤマボウシはシンボルツリーではなく、庭の中の樹として使いたいところです。


「ハナミズキ」花、実、紅葉、育てやすさ四拍子揃った樹木

ハナミズキは根強い人気のシンボルツリーです。

日本がアメリカに桜を贈ったお返しにハナミズキを贈られたことは有名な話。

最近の庭木は株立ちが主流なのですが、ハナミズキは今なお一本立ちが主流となっています。

ハナミズキは花付きがよく、樹いっぱいに花が咲く様は素晴らしいです。赤い実も可愛らしいです。
紅葉も見事な赤で落葉樹の中ではトップクラスです。

おまけに手入れもあまり必要とせず、手間のかからない樹でもあります(ケムシは少々付きますが…)。

この三拍子、四拍子揃ったところからハナミズキはシンボルツリーの定番中の定番として君臨していました。
しかし、あまりにも植えられすぎて街路樹にも植えられるようになったせいか、一時ほどのブームは去ったようです。

しかしながら、今も根強い人気と言ったところでしょうか。

ちなみにハナミズキの花の色は赤と白の2種類あるのですが、赤のほうが人気があります。
白も結構いいんですけどね。
赤は真ん中が白っぽいのですが、白は花全体が真っ白ですので樹一面が真っ白になるのです。

ハナミズキの花が咲くのは4月下旬。サクラのように葉に先立って開花します。花重視のシンボルツリー選びならエゴノキかハナミズキ。
成長もゆっくりなので剪定等の手間もあまりかかりません。

他の樹と決定的に違うのが「一本立ち」であることですので、そこをシンボルツリー選びのポイントにしてください。

右側門柱後ろがハナミズキです。

「シャラ」爽やかな花と葉を楽しむ

シャラの別名は「ナツツバキ」。
ツバキに似た清楚な花を夏に咲かせることが別名の由来です。夏といっても梅雨時、というイメージですが。
また、この花は1日で落ちてしまいます。

シャラは平家物語にも「沙羅双樹」という名前で登場しています。花が落ちるのを世の中の「無常」にたとえているという話です。

そうは言っても、花が少ない季節に咲いてくれるので貴重な存在でもあります。
そこがシャラの花の魅力です。

新緑も○。爽やかな葉をしています。
樹形も○。文章では表現しにくいのですが、何か繊細でしなやかな印象です。

 

シャラは株立ちで樹形のいいものが手に入りやすいです。特に落葉後の姿が絵になります。

紅葉は、それなりです。目を引く程ではないかも。

ただし、シャラをシンボルツリーにするには最大の注意点があります。

「西日に弱い」

です。

北向きなど、半日陰に植えたいものです。
また、夏場の乾燥には十分な注意が必要です。

落葉樹の葉焼けは避けられないことも多いのですが、シャラは特にその傾向が強いです。
葉だけ焼けてもすぐに樹が枯れるわけではないので、要は見栄えの問題です。
ですから、夏場以降は少し観賞価値が落ちる場合があります。

水やりと根元を乾かさない工夫をしてやってください。


←その一 シンボルツリーとは

【読者アンケート】

この記事の感想



※コメントはイエマガ内で掲載させていただく場合がございます。

性別



ページ公開日:2009年6月24日
ページのトップへ戻る
----
 

イエマガで人気のキーワード

間取り:「間取り」のもくじ >>

住まいの間取りの中で… >>

わたしたちの間取りの成功と失敗 >>

プロに聞く!間取りの要望ベスト3 >>

海外ドラマの間取りとインテリア>>

太陽光発電:太陽光発電のある家 >>

この太陽光発電を選んだ理由 >>

 

キッチン:わが家のキッチンプラン >>

使いやすさを追求したキッチン >>

キッチンが変わるパントリー >>

キッチン持ち物確認表 >>

我が家のシステムキッチン >>

収納:失敗しない収納プラン >>

シューズクロークのつくり方 >>

わが家の専用収納庫 >>

 

資金:家を建てる費用はいくら? >>

土地探し:土地探しの10のコツ >>

地盤改良:調査と口コミ >>

業者選び:業者との出会い >>

構造・建材:耐震ワンポイント講座 >>

施主支給したものと注意点 >>

エコ:あなたの家は高断熱? >>

庭:人気のシンボルツリー >>

 

マンガ:おうち大好き >>

お役立ち:家づくりノート >>

更新履歴 >>

Promotion >>


・メルマガ登録

・サポーター登録


 
----